外国語を学べば考え方が変わる【新しい考え方の手に入れ方】

みなさん「メッセージ」という映画を見たことあるでしょうか?

 

メッセージ (吹替版)

メッセージ (吹替版)

 

 

こちらの映画です。

お菓子の「ばかうけ」みたいなデザインのUFOが地球に来るSF映画です(笑)

 

 

ざっくりあらすじを説明すると、

 

突然世界各地に現れた12の巨大な宇宙船(ばかうけ)。アメリカ軍から協力要請された言語学者のルイーズは、ばかうけが地球に飛来した目的を解き明かすため、生物学者イアンと共に異星人とのコンタクトを試みます。

異星人が使う言語を解読していくなかで、ルイーズは時間を行き来するような不思議な感覚を覚えるようになる。やがて異星人が地球にやってきた本当の理由が解き明かされた時、世界は危機を迎える・・・

 

これだけではよくあるSF映画なのですが、この映画の最大のポイントは、

 

 

言語の違いは世界の見え方を変える

 

 

ということなんです!

何言ってるんだ?と思われるかもしれませんが、この映画では言語というものを科学的なアプローチで見せてくれ、説明してくれます。

 

 

言語はコミニュケーションツールであり、そのグループの人間同士の意思疎通に使われる

 ↓

意思疎通に言語が使われるなら、そのグループの人間の考え方や空気や概念といった文化そのものがその言語に色濃く反映されている

 ↓

別の言語を新しく学ぶと、その言語を使うグループの人間の文化の考え方も習得できる

 

 

ということなんです!(は?)

 映画の中では、宇宙人が使う特殊な言語(模様みたいな文字?)を主人公達が解読するにつれて宇宙人の持つ「時間の概念」が地球人と全く異なり、主人公はその感覚を身に付けていきます。

 

 

外国語を使えれば、新しい仕事や楽しみがあるとは思いますよね。

でももっと大きいことをゲットできるってことなんです!!!

 

 

つまり、

「英語圏の人の特有の考え方を手に入れる」

 ということです。

 

 

このことについては研究結果があるようです。

使う言語によって見える世界が異なることを証明した研究です。

まさか言語によって考え方に差があるとは考えたこともなかったです。

 

 

英語を学ぶということは、英語圏の人々の考え方や物の捉え方が自分の中に入れるということになります。

私がハワイ旅行で感じた、あの開放的で他人の目を気にせず自分らしく生きる考え方の考え方になれるかもしれません。 

 

 

この研究結果が本当ならば、今の日本人にとても必要なことだと私は感じます。

 

 

他人の目ばかり気にしてストレスフルな生活

空気ばかり読んで言いたいことも言えない世の中(ポイズン)

会社のために自分を殺して過労死する状況

周りと合わせないと仲間外れになる人間関係...

 

 

みんなこんな息苦しいことが好きなはずないです。

でも生まれた時からこの考えの中で育ってきたから、そこからはみ出した考えや行動ができないのだと思います。

 

 

周りの人間が変わらないのなら、「言語が考え方や物の捉え方を変える」のなら、英語を学んで自分自身が変わればいいんじゃないでしょうか!

 

 

アメリカ人のように、空気を読む必要もなく、相手に何を思われても気にもせず、自分優先で生きていく。

いちいち他人の評価を気にするからストレスが溜まっちゃうんですよね…

 

 

気のせいなのか分かりませんが、英語を毎日勉強したりアメリカ映画やドラマを見ていく中で私の考えも1年前と大きく変わってきました。

 

周りに合わすのではなく、自分を貫く!

滅私奉公なんてできるか!私が楽しむことがイチバンなんじゃ!の精神

上司が訳のわからないことを言ってきたら普通に言い返す!

 

おかげ様でだいぶ気楽に出勤できております(笑)

私はこの変化を英語学習による考え方の変化の影響だと思っています。

 

仕事なんて、長距離のマラソンのようなもの。

生活のためにお金を稼ぐ手段の一つです。

周りの他人のために自分を押し殺して潰れても、周りは助けてもくれません。

 

私は私の人生を好きなように生きたい。

 

英語をマスターし、その他の言語も学んでもっと色んな考え方や世界の見方を知りたいです。

 

英語を学ぶことで、知識が増えるだけでなく自分が見える世界までも変わる。

単なる受験科目の一つだと思っていたものが、まさかこんな力をもっているとは思いませんでした。

 

 

みなさんも、映画「メッセージ」を見て「言語の違いが世界の見方を変える」を体験してみてほしいです。