社会人で友達いないことは普通【自分に正直になる】

広告

広告

 

       f:id:narudonkkp:20190118125041p:plain

社会人で友達がいないと悩んでいる方

社会人になって新しい友達ができない方

社会人になって友達がドンドン減っていった方

 

 

この記事は社会人の友達がいない悩みに応える記事となっています。

 
 
この記事のポイント!

・友達がいる社会人を羨ましく思う心理を解説

・友達がいない社会人は人間的にダメじゃない理由

・友達がいない社会人が持つ最大のメリットとは?

 

 

友達がいない社会人って結構いるみたいです。

社会人となり、同僚や知人から遊びに誘われない・・・って悩んでる方いますよね。

 私もリアルでは友達がいない社会人です。

 

 

会社では喋らない訳でもなく、普通に同僚と喋ったりはします。

ですが、それ以上の仲の人はいません。

飲みや遊びに誘われる訳でもなく、当然こちらからも誘うこともない。

職場でたまたま配属が同じだからコミュニケーションを取るだけの関係なんです。

 

 

学生時代に仲が良かった人達とも全然連絡を取っていません。

向こうから連絡が来る訳でもなく、こちらも連絡をしていない。

この人達も今の職場の人たちと同じように、その場限りでコミュニケーションを取っていただけの関係なんだろうなと思います。

 

 

周りの人が遊びに誘われているのをみると、「羨ましいなぁ、なぜ私は誘われないんだろう…」と思いませんか?

でも、たま~に誘われると真っ先に断る理由を考えてしまう・・・

 

 

私は社会人で友達がいないことで結構悩みました。

自分は人として魅力がなくてダメな人間なんだ」と。

気の利いたことも言えないし積極的に人を巻き込むこともできません。

 

 

でも、ある時ネット上のどこかのブログでこんな記事を見たんです。

 

『他の人が遊びに誘われているのを見て、自分も誘ってほしいけど行きたくはないって思うのは、隣の芝生は青く見えるだけなのでは?』

 

この文章でやっと自分の悩んでいたことに答えが出せまし

 

 

今回は、社会人で友達がいないことは普通だ!自分らしく生きよう!ということを解説していきます。

 

 

【社会人で友達がいないことは普通 理由と利点とは?】

友達がいる社会人を羨ましく思ってしまう

友達がいない社会人は、友達がたくさんいる人を羨ましく思いますよね?

自分には魅力がない、コミュ力が低いなどと考えて負のスパイラルになっちゃいます。

 

 

その理由は単なる無いものねだりの心理

まさに、「隣の芝生は青く見える」ということです。

人間の性質で「自分が持っていないものは実際よりも素晴らしく見える」というのがあります。

自分には無いものである「友人から誘われること」が輝いて羨ましく見えるんです。

 

 

でも、「本当に友達を必要としているかどうか?」と言えばそれは違うと解ってきました。

『友達がいることを羨ましく思う心理 ≒ 本当に友達が欲しいかどうか』

これって別問題なんです。

 

 

そもそも友達が必要じゃない社会人

他人から何かに誘われると、すぐに断る理由を考えたり、当日が近づくと行くのが嫌になってきた経験ってありませんか?

 

「誘われないのも寂しいけれど、誘われるとうっとうしい。」

   

友達がいない社会人の心の中では2つの心理があり、

誘われたい心理の理由 ➡ 隣の芝生は青く見える現象

誘って欲しくない心理の理由 ➡ 本心は1人で過ごしたい

 

 

このことから解るように、社会人で友達がいない人の本心は「できるだけ独りで過ごしたい」ということです。

一方で、自分にないモノ(=友達)を羨ましく思ってしまうだけなんです。

 

 

あなたが本当に求めていたことは、

「誰かを誘い、誘われて遊ぶこと」ではないのです。

『独りで自由に好きなことをすること』なのです。

 

 

この事実にハッキリ気付き、自覚することで悩まなくて済みます。

今までは友達がいることが当たり前という常識に振り回されていただけです。

あなたは自分の望む「独りで自由に過ごすこと」を楽しんでいるんです。

他人の価値観に合わせて無理をしてまで友達付き合いする必要はないんです。

 

 

「友達がいるのが当たり前」ではない

友達をたくさん作るべきだ

友達がいない人は人間的にオカシイ人

どうしてもっと積極的に友達を作らないの?

 

 この常識って本当に正解なのでしょうか?

友達を持つかどうかは個人の価値観ですから、友達がいないことを悪いと決めつけることには疑問を感じます。

たくさん人間がいれば、みんなバラバラの考えを持っているはずです。

 

 

常識と思われていることでも、それは正解じゃないことはあります。

友達がいないことはオカシイという常識に捕らわれて不幸になるくらいなら、そんなものに合わせる必要はないのではないでしょうか?

 

  

社会人で友達がいなくても楽しければイイんです

周囲の価値観に合わせて苦しむ必要はありません。

本人が一番居心地が良くて、楽しいと思える状態が正解なんです。 

 

 

周囲に無理に合わせて消耗していくってすごく損じゃないですか?

常識的な正解ではなく、自分の好きなよう生きるのが結果的に正解です。

私は1人でマイペースに自分の趣味や、その時やってみたいことをしています。

友達がいないからこそ、英語の学習を1年半以上も継続できたし、ブログも続けていられるんです。

 

 

また、タモリさんも林修先生も「友達はいらない」と言っています。

https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20140210_84744/

TechinsightJapan編集部真紀和泉 タモリの名言は本当か? 林修先生が『いいとも』で真相を追及。)

 

タモリさんと林先生のトーク内で、タモリさんは「友達はいないほうがいい。本当の友達なんてみんな持っていないんだから、余計な友達は切り捨てて自由になったほうが利益が大きい。」と熱弁。

林先生も、「1人がイイ、1人で十分だ!」とおっしゃっていました。

 

 他人にどう見られるかではなく、自分がどれだけ幸せになれるのかを考えることが重要です。

 

 

 

まとめ:社会人で友達がいない人は自由にノビノビ生きられる

社会人で友達がいない人は自由な時間が豊富にあります

誰にも邪魔されず、気を使う必要もありません。

自分の思うようにノビノビと過ごすことができます。

 

 

特に趣味や副業をされている方にとっては、友達がいない方がはかどるというメリットもあります。

友達がいることが当たり前という常識に捕らわれず、友達がいないことによるメリットに目を向けて、自分の道を進むことが幸せなんじゃないかと思います。

 

 

私も、そのおかげで無用な付き合いに振り回されることもなくブログ運営と英語学習に打ち込むことができています。

「孤独力」というワードがあるように、友達がいないことも能力の1つです。

www.narudonkkp.work

 

他人の価値観に左右されていてはいつまでも幸せになれません。

社会人で友達がいないことのメリットを最大限生かし、自分の挑戦したいことや夢に向かって進んでいきましょう!

Display mode : PCSP