【精読or多読】どっちがいいかまとめてみました!

広告

広告

         

                         f:id:narudonkkp:20190131170010p:plain

ポイント

今回は、英語の精読と多読のどちらがイイか解説しています。

・精読と多読のメリットを解説

・精読と多読の必要性

・英語には地道な積み重ねが大切

英語学習をされている方なら一度は考えたことがあると思います。

 

 

リーディングをしようと思いネットで検索すると、精読がイイってサイトと多読(速読)がイイってサイトの両方がありますよね。

 英語上級者は別として、英語学習しはじめた頃ってどちらか一方しかできないんです。

 

 

精読:受験英語の時の読み方。もれの無いよう丁寧に分析しつつ読む

多読(速読):流し読みのことです。サッと文を見てだいたいの内容をつかむ

 

 

レベルがそこまで高くない段階だと、ゆっくり丁寧に読まないと理解できないし、高速で読むと内容が全く頭に入らないですよね。

仕方なく、どちらかの読み方で進めるしかない・・・

 

 

そこで英語初心者、特に英会話を目標とされる方がリーディングをするうえで『精読』と『多読』のどちらが良いのかまとめてみたいと思います!

 

 

【精読or多読 どっちがいいの?】

リーディングは『読書』だ!

もちろんその通りですよね(笑)

 

でも、受験英語の時のリーディングって本当に私たちの思う読書と同じだったと言えるでしょうか?

1文1文を、文法解釈とイディオムや単語を意識しながら正確に読む訓練をしてきました。

 

例えるなら、「遺跡発掘の調査」みたいな感じですかね!

                f:id:narudonkkp:20190131165945j:plain

慎重に、丁寧に、正確に作業を進める。

センター試験や二次試験のように、限られた文章量を読んで正解を求める場合はこれが最強ですよね。

 

でも、私たちが普段している読書ってこんな感じでしょうか?

新聞を読むときって、ある記事を見ながら表面をなでる様に、流れるように文章を読みますよね。

小説を読むときも、内容を噛み締めはしますが読み方はいたってスピーディです。

 

つまり、

「受験勉強」と「英語を使った日常生活」で求められるリーディングの質は全く別のタイプってことなんです。

 

 

英会話のためにリーディングは必要?

めちゃくちゃ必要です。

 

英会話では、「スピーキング」はもちろん「リスニング」も必要です。

会話なんですから相手の言っていることも理解しないと成立しませんもんね(笑)

 

そしてこの「リスニング」では、リーディングのスキルが大変役に立つのです。

発音や単語同士の音がつながることによって理解できないこともありますが、聞こえる範囲でならある程度わかることがあります。

 

これって、

「文字を見ないリーディング」=「リスニング」

なんです!

聞き取れた会話内容を、頭の中で意味を汲み取り理解する作業をしています。

英文を見てはいないものの、流れてきた英文を脳内で読んでいるってことです。

 

普通のリーディング < リスニング(文字なしリーディング)

 

ということですから、当然リーディングができないとリスニングで大量の英語を理解することは難しそうですね・・・

 

ということで、英会話にはリーディングは必要不可欠です!

 

 

精読 VS 多読

リーディングが英会話で必要ということがわかったので、精読か多読かについてです。

 

先程までの検証と色々なサイト等で調べた結果をあわせると、結論としては、

1.多読がいちばん大事

2.精読は「返り読み」のクセを無くせる

 

 この2点でした。

 

つまり、どちらかが正解というわけではないようです。

 

多読がいちばん大事

多読を行うことで、大量の英文に触れることができます。

 

大量にいろいろな英文に触れることで、構文や前置詞、イディオムが実践でどのように使われているかを体験していくことがきます。

参考書のようなスタイルでの覚え方ではなく、リアルな使われ方を、大量の英文に触れる中で反復的に吸収できる点がありますよね。

 

英語は日本語と異なり、ものすごく特殊な構文はあまり無いようです。

ネイティブの大人が読む文章ですら、中学レベルの文法や構文が6割ほど占めているのが現状だそうです。

 

そうなると、中学レベルまでの文章を大量に読み漁った『多読』のほうが英文を高速で処理する能力を身につけられるということです

 

日本人でもそうですが、読書をする人とそうでない人には圧倒的に違いがでます。

話し方、書く文章、何を話しているか聞いて理解するなどに差がでます。

 

やっぱり「多読」は基礎トレには重要なのですね!

 

 

精読は「返り読み」のクセを無くせる 

英語のリーディングで返り読みということを聞いたことがあると思います。

日本語と英語では、主語や動詞の語順が異なるためついつい一度英文を読んでから「日本語の順」に訳してしまうアレです!

 

でもこれをしているとスピーディーに英文を読めないし、リスニングでの高速かつ一瞬の英文を理解することは不可能ですよね。

 

精読は、英文をまだ十分に読めない実力のときにするのがオススメだそうです。

この文章はこういう文法で、こんな訳し方をするんだと納得しながら読むことで、英語の読み進め方の基礎的な練習になります。

 

この練習をしていくうちに、英語を英語のまま理解することが徐々にできてきます。

たしかに、英語に自信がない時はゆっくりとした速さでしか読めませんからね・・・

そんな場合は焦らず精読をしつつ実力を付けるのがベスト!

 

繰り返しているうちに、だんだんと理解が早くなり、いずれは多読(速読)に切り替わっていくので心配はないそうです。

 

 

リーディングそのものを底上げする「ライティング」

リーディングを鍛えたいとなると、精読&多読をバランスよく行ったりしますが、実はライティングも重要な訓練となります。

 

 

リーディングは言わば「受け身の勉強」だということはお分かりだと思います。

精読も多読も書かれている文章を読むだけです。

スポーツで言えば自主練を繰り返している感じですね。

しかし、自主練だけでは中々身に付かないもの。

そこで自主練の成果を試す「試合(ライティング)」の機会が必要です。

 

 

私がオススメするのは英語で日記を書くということです。

 自分が今日あったことを英語で書くのです。

リーディングで見覚えのある表現や文法を英語日記で発揮しまくってください(笑)

 

 

しかし、自分の書いた英作文が正解なのか?という問題に当たります。
そんな時に英語ネイティブ等に添削してもらうと大変勉強になります。
文法的に正しいだけでなく、実際に使っている表現を学べます。
ネイティブの友人や先生に質問するのがいいですし、それが不可能な場合は

英語Q&Aサイト eigoQA(https://eigoqa.com/)」等のサイトを使うといいと思います。

 

 

 

まとめ:精読も多読も大切! そして更に鍛えるには?

多読も精読もどちらが優れているというわけではないみたいですね。

それぞれにメリットがあり、必要な場面が違うということです。

 

英語の上達には、「多読のスキル」が最終的に必要。

多読をするためには「精読のスキル」も必要となる。

 

ポイント

英語の実力を育てるには

多読による大量の英文知識の吸収

精読による基礎トレ

英作文でリーディング力の底上げ