【受験生】インフルエンザ予防のための体調管理方法【合格】

今、インフルエンザが大流行しています!

ものすごいですよね・・・

 以前にも予防法を紹介させていただきました。

narudonkkp.hatenablog.com

 

 

特に受験生の方はかなり体調管理に気を使われていると思います。

受験本番で体調不良だと、せっかく努力してきたのに本領発揮できませんからね(;ω;)

 

 

以前の記事で、インフルエンザ予防方法として『ストレートの紅茶』をオススメとして紹介しました。

 

 

今回は、インフルエンザ対策の基本である『免疫力アップ方法』を紹介します!

免疫力アップは他の色んな病気にも対抗できますので、体調管理の基本中の基本ですよね^^

 

 

 

【免疫力アップで体調管理をしよう!】

細胞を強化してウィルスの侵入を防ぐ

細胞の原料「タンパク質」 

細胞の主な成分はタンパク質です。

 

タンパク質が不足していると新しい細胞を作ることが難しくなり、免疫細胞もどんどん少なく弱くなってしまいます。

 

免疫細胞の勢力が弱まると、菌やウィルスの侵入を防ぎきることが難しくなります!

f:id:narudonkkp:20190126210928p:plain

タンパク質を多く含む食品を積極的に食べましょう。

肉類・魚介類・大豆製品・乳製品などにタンパク質が多く含まれています!

 

ウィルスの侵入防止「ビタミンA」

 ビタミンAは、皮膚や粘膜を強化してくれます。

さらに、白血球の増産を促進し免疫力を強化させてくれます。

 

普通の生産速度よりも無理やりアップするので白血球も大変ですね。

f:id:narudonkkp:20190126215540j:plain

 

 

 ビタミンAは、食べ物の中ではベータカロチンとして存在しています。

緑黄色野菜(ニンジン・カボチャ等)、うなぎ、レバー等に多く含まれていますのでたくさん食べておきましょう!

 

免疫機能の調整「ビタミンD」

人間が唯一自分で作れる栄養素です。

しかも作り方はカンタン!

 

ひなたぼっこしてればいいだけです^^

f:id:narudonkkp:20190126220749p:plain

 

特に受験生のみなさんは、勉強が忙しくて外で日光を浴びる機会も少ないと思います。

 

でも、気晴らしに30分ほど晴れた日に外を散歩するだけでビタミンDも作れるし、運動不足による効率低下も防げますよ!

 

 

腸内環境を整えると免疫力アップ 

あまり関係なさそうな気もしますが、「腸内環境の維持」ってかなり重要です!

だんだん歳をとると実感できます(笑)

 

腸は「第2の脳」と言われるくらい重要な機関です。

例えば、お腹が痛いと何も考えられませんよね?

小腸は栄養分の吸収・大腸は水分の吸収と重要な役割です。

 

腸内環境を整える方法は、発酵食品(ビフィズス菌や乳酸菌)・食物繊維を食べることです!

発酵食品は、ヨーグルト・漬物・納豆などです。

食物繊維は、野菜・果物・海藻やキノコ類です。

 

ちなみに腸内環境はあまり甘く見ない方がいいですよ!

試験スタートしてからトイレに行きたくなければね^^

 

f:id:narudonkkp:20190126222112p:plain

 

 

免疫力の補助「ファイトケミカル」

野菜やくだものが持つ植物性化学成分(ファイトケミカル)は、活性酸素の害から細胞を守る「抗酸化作用」を発揮し、免疫力を高めます。

 

ファイトケミカルで有名なのは、ニンニクやたまねぎに含まれる「アリシン」という成分です。

風邪などにめちゃくちゃ効果あります!

 

他にも、ブロッコリーはファイトケミカルが約200種類ほど含まれるチート野菜です。

嫌いとか言わずに無理矢理でも食べてくださいね!!!

 

f:id:narudonkkp:20190126223038p:plain

 

やっぱり大事!睡眠と保温

 もう基本中の基本です!!!

受験生なら毎日6時間以上、成人なら7時間以上の睡眠がベストだそうです。

 

社畜は睡眠時間少なすぎてすぐ病気になるうえに、インフルエンザになっても出勤してきてバイオテロを起こすので非常にやっかいです。

 

人間は睡眠をしっかりとって休まないと何もかもがダメになります。

健康あっての勉強や仕事ですから、ちゃんと寝ましょう!!!

f:id:narudonkkp:20190126224952p:plain

 

あと、体を温めるのも大切ですね。

体温が高いと免疫力が上がります。

暖かい飲み物、暖かい部屋を心がけてくださいね。