【素人でもできる】災害に強い土地の選び方

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190205112104p:plain

今回は、災害に強い土地選びを素人でもカンタンにできる方法を解説します。

 

 

最近、地震・台風・土砂崩れ等の災害に関するニュースをよく見ます。

 

 

自分がもし災害で同じ状況になったらと思うと本当に心配ですよね。

生命の危険も当然あります。

さらに、住宅などを持っていれば災害によって破壊される危険性もあり、せっかく高額で購入したのに・・・となってしまいます。

 

 

もし、持ち家を買うとなるとほぼ確実に一生で1番高額な買い物になります。

ローンで購入となると利子も付きますからより多くの金額です。

 

ですから、安易な気持ちで選ぶのではなくしっかりとその土地は大丈夫なのか、見極めてほしいのです。

 

 

今回は、素人でもすぐにできる『災害に強い土地選びの方法』をご紹介します。

 

 

【災害に強い土地選びのポイント】

ハザードマップで最新の災害予想した土地選び

 国や自治体が公表している「ハザードマップ」は災害予想に大変役立ちます!

なにせ、公的機関が税金を使って調べていますから適当なことは載せられません。

専門家が最新の方法でしっかり調査しているため信頼があるので、まずは見てください。

 

国土交通省が発表しているハザードマップが大変便利です。

 

こちらのハザードマップでは、自分が指定した地域の状況を全国どこでも見ることができます!

 

f:id:narudonkkp:20190205100710j:plain

「重ねるハザードマップ」(国土交通省作成)

こちらは、洪水・津波・土砂災害・道路防災情報について地図で詳細に確認できます。

 

 

「わがまちハザードマップ」(各市町村作成)

こちらは、自分がしていした市町村についての防災マップを詳細に見られます。

洪水・高潮・津波・土砂災害・地震(震度被害、液状化等)について地図で確認できます。

 

 

また、最近よくある「山の斜面を土地開発した住宅」は地盤が緩いため地震などで土地が傾く危険性があります。

f:id:narudonkkp:20190205111829j:plain

青の部分の土地は、人工的に土を固めただけです。

重機で固めた程度なら、地震で簡単に崩れます。

こういった場所もハザードマップでは土砂災害予想地域に含まれていることが多いです。

 

 

「高低差地図」から分かる災害予想での土地選び

土地の高低差はものすごく大事です。

 

 

低い土地は水がたまりやすく、すぐに床上床下浸水の被害にあってしまいます。

また、低い土地は土壌の水分量が多く、液状化現象の危険性もあります。

 

海に近い土地では、高低差は命取りです。

津波が及ぶかどうかで生死が別れますから、少しでも高いほうがいいです。

 

 

土地の高低差を調べるには、国土地理院が発表している「高低差がわかるWeb地図」が正確でわかりやすいです。

saigai.gsi.go.jp

 

画面真ん中にある「+」マークを調べたい場所に合わせるだけで、画面左下に標高が表示されます。

自分がこれから住む場所とその周辺のの標高を知っておくことは 防災上重要です。

 

 

「土地の名前」から土地の選びを考える

 これもテレビ等でよく言われていますよね。

 

昔の人は土地の名前を付ける時に、その場所の特徴を地名に込めています。

 

例えば、「渋谷」。

「谷」という字が意味することは、「周囲より土地が低い」です。

渋谷駅の前の交差点は低いことは皆さんわかると思います。

大雨の時にはたびたび冠水していることをニュースで放送されていますよね。

 

他にも、

「水に関係する字」:水、池、泉、川、沼など

「湿生植物に関する字」:葦、芹、柳など

「低い土地を示す字」:谷、窪、袋、新田など

 

最近は土地開発が進んでいるため、過去に沼地や池があったとしても判りにくいことが多いです。

見た目だけでなく、地名から過去を推測することも大切ですね。

 

 

古くからある寺社仏閣は災害に強い土地

古くからある神社やお寺は、防災において分かりやすいポイントです。

 

 

その神社やお寺が「いつ建てられたのか」に注目してください。

 

例えば、500年前に建てられたものだったら500年間は大きな災害で消滅したことは無い可能性が高いです。

 

 

 昔の人たちは私たちが思う以上に信心深いです。

ですから、寺社仏閣といった神様・仏様に関する場所は1番安全な場所に建てます。

それは過去から受け継いできた経験(数百年のデータの蓄積による結果)から導き出された答えです。

 

自分が住む土地の近くに神社やお寺があるか確認してみるのも1つのポイントですね。

 

 

自生してる樹木からわかる土地の状況

その土地に自生している樹木から「その土地の水分が多いかどうか」を見ることができます。

 

 

街路樹でよく見かける「ケヤキ」はあまり水分を好みません。

一方、「カツラ・ヤナギ・竹など」は川のそばの水分の多い場所を好みます。

 

 

公園や林など、樹木がたくさん生えている所が目安になります。

その植物に合った水分の状態でなければ樹木は大きく成長できません。

 

 

また、元々は沼地や池だった場所を埋め立てて住宅地にしている場所は日当たりの悪い場所で多くのコケ類などが生えてジメジメしています。

 

 

目的の土地の周辺の植物をよく観察してみてくださいね。

 

 

土地選びのポイントは実際に現地を見ること

上記までで説明したことを踏まえて、その土地の周辺を実際に歩いてよく観察してみてください。

地図だけではわからないことも、自分の目で確かめると分かることが多いです。

 

また、近隣住民の状況等も感じられます。

こればかりは地図には載らないですからね(笑)

自分にとって住みやすい感覚というものがあると思いますので、確かめみてください。

 

 

 

 

以上、災害に強い土地選びの方法の紹介でした!

よろしければブックマークもおねがいします!

 

 

 

 

Display mode : PCSP