誰でも簡単に貯金するテクニック【だらしない人必見!】

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190212113457p:plain

「ぜんぜん貯金できていない・・・」という話を友人や同僚からよく聞きます。

また、ネットでも全く貯金できていないという声をよく見かけます。

 

 

私は貯金が趣味みたいな人間です。

昔からよく親やおばあちゃんに、「お金はしっかり貯めておきなさい。いざという時に役立つから。」と教えられてきました。

そのおかげもあり、お金をしっかり貯めることが当たり前になっていました。

 

 

しかし、社会人になって貯金ができない人を実際に何人も見てきました。

私からすれば、普通に給料を貰っていてなぜ貯金できないのか不思議で仕方ありませんでした。

 

 

私の当たり前が、実は他からすればそうでもないということが衝撃でした。

今回は、私が普段からやっている『貯金の方法』について書いていきます。

 

 

【貯金の方法】

 

1.貯金の目的を決める

何のために貯金をするのか

これをしっかり決めておかないと途中で貯金をやめてしまいます。

 

 

車がほしい、マイホーム購入の頭金、結婚費用、いざという時のたくわえ等々。

目標があった方が、だんだん貯金が貯まっていく時の達成感やモチベーションが全然違います!

 

 

最初に決めた目標が達成されたら、次の目標を決めて貯金のレースを終わらないようにしましょう。

 

 

ちなみに私は、

・いざという時の備え

・たくさん貯金があると心に余裕ができる

 この2点のために貯金を続けています。

 

 

特に、「お金があれば心に余裕ができる」は本当に大切だと感じています。

昔から「金持ちケンカせず」ということわざがあります。

いつもお金が無くてギリギリの生活だと、常にストレスでイライラしてしまいます。

自分に余裕を持たせ、正しい判断ができるようにするためにもまとまったお金は必要だと思います。

 

 

2.目標達成のためのペースは?

目標のためにはどれくらいお金が必要なのか?

その目標を達成したい時期はいつなのか?

 

 

この2点を考えましょう。

そうすると、毎月どれだけ貯金していけばいいのかが見えてきます。

 

(例)

目標:300万円の車が欲しい

タイミング:2年後に買いたい

今の収入:毎月の給料+ボーナス4ヶ月分=16ヵ月分の給料/年

毎月均等に貯めるならば、

300万円 ÷ (16ヶ月 × 2年) = 93,750円 以上

 

 結構ハイペースで貯めないと間に合わないことがわかってくるんですよね・・・

もっと前から貯金しておけば毎月の貯金額も少なく済みます。

 

 

無理なく計画的に貯金するためにも、この計算は必ず行ってほしいと思います!

 

 

3.貯金の具体的方法 

 今回の記事のミソとなる部分です。

 

 

貯金においてイチバン大切なことは

『自動天引き』

これだけなんです(笑)

 

 

貯金をする時、「余ったお金を貯金しよう!」と考えていませんか?

それだと確実に貯まりません!!!

人間誰しも欲があるので放っておくとついついお金を使ってしまいます。

最初は意識していたとしても、今月は頑張ったからご褒美とか言って使ってしまうんです。

 

 

だから、給料が入ったら真っ先に貯金へ回すんです。

そのためには『自動天引き』のシステムが最強ですよ(笑)

考え方としては、まず貯金分を差し引いて、残りで生活や娯楽をするようにします。

 

(例)

 給料手取り:20万円

貯金額:5万円

 20万円 - 5万円 = 残り15万円

この15万円から家賃や水道光熱費等の固定費を除く

最後に余った分を娯楽費に回します。

 

 あくまで遊ぶお金は後回しです。

こうすることで、自分の欲望に簡単に勝つことができ順調に貯金できます!

 

 

4.全力で貯金をしてはいけない

 貯金をしていく時にもうひとつ大切なことです。

 

 

貯金は「長距離マラソン」と同じようなものです。

ゴールするために頑張ることはもちろん、途中リタイアしないようにいかに長続きさせるかも重要です。

そのためにも、極端な貯金額を設定することはマズイと考えています。

 

 

仕事して生活していると、どうしても趣味や交際費が必要です。

そこまで我慢して、全力で貯金をしていると確実にバテます(笑)

ペースを保つためにも、多少の余裕を持たせることも上手な貯金方法です。

 

※だからといって、娯楽費をいつも通り確保はダメです!

 

 

 

 

いかがでしたか?

私なりに実践している貯金方法を紹介しました!

よろしければブックマークもお願いします。

 

 

Display mode : PCSP