【残業がなくならない】なぜ残業がなくならないのか?

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190219133513p:plain

社会人で残業に苦しめられている人はものすごく多いと思います。

 

 

私も過去の勤務先でも、残業が当たり前の文化でした。

どこも同じだと思いますが、私の経験ではこんな感じでした

・定時で帰ることは非常識

・みんな残っているんだから残るのは当然

・遅くまで残業している人は頑張っている

・残業代を請求するのは非常識(!?)

 

 

ほんとロクでもない考え方ですよね(笑)

そのくせ、仕事がツラいだの疲れた等と延々と愚痴っています。

しかも無給ですよ無給!

自分の時間を奪われている感覚が無いってどうかしてます。

 

「そんな仕事が嫌ならみんなで早く切り上げて帰れよ!」

 

といつも思っていました。

 

 

そりゃ、期限が迫っていてどうしても残業が必要な方もいらっしゃいます。

そんな時って誰しもありますからね。

だからといって、「あの人が残っているから私も残ってあげねば!」の発想になるのが全く理解できませんでした。

 

 

今回は、私が以前の職場で実際にあった残業文化を交えつつ、残業がなぜなくならないのかについて書いていきます。

 

【なぜ残業がなくならないのか?】

残業は「集中」する

「一部の優秀な人に業務が集中する傾向がある。残業を減らすために努力しても、業務を効率化しても更に業務を負わされる仕組みになっている。」

 

 

 まさにその通りですよね!

以前の職場でも現在の職場そうですが、できる人ってものすごい仕事量を抱えています。

できる人は効率的かつスピーディに業務を消化していきますが、削減できた時間にさらに仕事を任されます。

 

 

以前の私の職場に、ものすごく仕事のできて人柄も良い方がいました。

いつもものすごい業務量を抱えながらも、毎日ひたすら頑張っていましたが、仕事がどんどん舞い込んできます。

周りで全く仕事をしない人がいましたが、その人たちは新聞を読んだりお茶をしたりしてのんびり。

上司もあの人に任せたほうが楽だし、仕事も進むからといって更に仕事を振ります。

その後、その人は精神を病んでしまい退職してしまいました・・・

 

 

こんなに仕事内容に大きな差があるにも関わらず、給料はほとんど変わりません。

『仕事をすればお金ではなく仕事をくれる』

 

 

こんな構造をしているように思えました。

うまく手を抜いてサボリまくっている方が正解になってきます。

 

 

ある意味、

『働いたら負けかな、と思う』

ですね。

 

 

残業は「感染」する

「定時を過ぎても周りの人が働いていると帰りにくいという空気や、帰ろうとしてもそれを注意されることで帰ることは非常識という同調圧力が発生する。」

 

 

あるあるです!

ただ、不思議なことに心の中では全員「早く帰りたい」と思っていることなんですよね。

 

 

仕事が忙しくて残業しなければならないということは分かります。

ですが、みんなで苦しみを味わおうという謎の考え方が蔓延しています。

周りの人が残っていたからといって何が変わるんですか?

寂しいとか思ってるんなら社会人辞めた方がいいですよ^^

 

 

私の以前の職場でも全く同じ状況でした。

仕事もひと段落し、定時過ぎに帰ろうとすると、

 

上司「みんな残ってるのに、もう帰るのか?」

 

いやいや、私が残ってても状況変わらないでしょ?

何なら上司のあなたも昼からずーっとヒマでしたよね?

入社後間もない私は反論できず、することもないのに職場に残っていました。

 

 

こんな空気が社内で蔓延していたため、誰一人として早く帰らないんです。

早く帰りたいと普段から言っているにも関わらず。

「空気を読む」もここまで来ればただの病気です。

 

 

みんなで楽しく、ラクな方向に行くことは何故か悪いことだという感じでした。

 

 

残業は「麻痺」させる

「月60時間以上の残業をしている人は意外にも仕事に対する幸福感がある。また、若い頃は無理をしてでも多く働くべきという刷り込みが残業への麻痺を引起こす。」

 

 

 長時間労働を続けている人は感覚がおかしくなっているということです。

こちらの記事(https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/19/news031_2.html)でもデータが示されていますが、残業時間が増えるにつれて幸福度が上がるという異様な結果となっています。

 

 

これはもはや「麻薬」と同じような中毒なのではと思います。

毎日長時間の残業を続けているうちに自己正当化をし始めて、今の自分は活躍していて輝いているんだ!という錯覚です。

 

 

以前の職場にもいました。

「今月は何十時間も残業した~!」と謎の自慢をして喜んでいる人が。

その人は特に何って仕事をするわけでも無いのに残っている自分カッコイイと思っているようでした。

残業代も請求できないのに何考えているのかわかりません。

 

 

 

残業は「遺伝」する

「昔はもっとキツイ環境で今よりももっと残業したんだ!」と過去の武勇伝を語る人がいます。だから今の若者も当然たくさん残業して然るべきという自分の経験を正当化する考えを植え付けようとする。

 

 

人間って自分がしてきたことを否定されることを極端に嫌います。

「過去の経験を否定される=自分そのものを否定される」と感じるからだそうです。

 

 

そのため、昔に自分が要領が悪かったり、仕事の環境が悪くて大量の残業をしたことでも当然のように正しいことだと認識しています。

そして、内容はともかく「残業すること」そのものを正当化した考えを振りかざして自分より立場の弱いものを押えつけようとします。

 

 

そうして、無理矢理残業させられた若い世代が歳を取ったときにも同じように自分より若い世代に残業を強要し始めます。

こうなってくると、めちゃくちゃ効率の悪い中身の伴わない「とにかく残業をする」という『負の連鎖』が遺伝していくことになります。

 

 

過去の上司も全く同じことを言っていました。

 

上司「僕が若い頃はもっとキツかったんだ。今の若者はぬる過ぎる。もっと厳しい環境で育たないとダメだぞ!」

 

それ、なんの根拠があって言ってるんですか?

個人の体験のデータだけで立証できるとか頭お花畑ですね^^

まぁ1つ解ることは、そういう状況で育ってきたあなたは立派なダメ社会人になったというデータだけは取れましたね(笑)

 

 

5.まとめ

仕事ができる人に業務が『集中』

 

残業をしなければならない空気が『伝染』

 

そして、残業をすること自体に『麻痺」する

 

最後に、その文化や空気が若い世代へと『遺伝』していく。

 

 

この負のスパイラルに入り続けていますよね。

みんな心の中ではもっとラクに仕事がしたいと願っていますが、誰もそれを良いこと言えない正体不明の空気。

 

 

徐々にこの悪習から解放はされていくと思います。

それが何十年後になるかは分かりません

ですが、みんなが定時過ぎに帰って自分の時間や家族との時間をゆっくり過ごせる世の中になって欲しいと思います。