他人に興味が持てないことのメリット【自分らしく生きる】

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190314135334p:plain

ポイント

他人に興味を持てないことで悩んでいる

他人に興味を持てない自分に劣等感を感じている

そんな方へ他人に興味が持てなくてもイイんだよ!ということを説明していきます。

・なぜ他人に興味が持てないのか?

・他人に興味が持てないことは悪いことではない

・他人に興味が持てない人だけが持つメリットを解説

この記事を読まれている方は、他人に興味が持てないことで悩みを抱えていらっしゃる方だと思います。

周囲の人は他人に興味を持っているのに、自分は他人に興味関心が薄く、何かオカシイのでは?この先社会でやっていけるのか?と思ったこともあるかと思います。

 

 

なぜこの記事を書いたかというと、相方に「あんまり他人に興味ないんだね~(笑)」と言われたからなんです。

 

えっ!? 私ってそんなに他人に興味がないのか? むしろみんなこんな感じじゃないのか??

 

そんな気がしないこともないが、そこまで酷くはないでしょと思って色々検索していました。

すると、『自分のことを書かれている!?』と思うような記事に出会ったんです!

こちらの、「空飛ぶちびまる」というブログ様です。

www.soratobu-chibimaru.com

 

私は、他人に興味が持てないことは悪いものではないと考えています。

他人に興味が持てないと悩まれている方が結構いらっしゃることもあり、

 

「他人に興味が持てないことは悪いことじゃない。みんなと違ったっていいじゃない!」

 

と思ってほしいんです!

今回は、「他人に興味が持てないことのメリット」ということを説明していきます。

 

 

 

 

【他人に興味が持てないことのメリット】

他人に興味が持てない人の7つの特徴

空飛ぶちびまる様の記事「他人に興味がないでしょ!?と言われてしまう自分を自己分析してみる - 空飛ぶちびまる」

を参考にさせて頂きました。

大変共感できたすばらしい記事です!

 

興味のない話だとすぐ態度に出る

本人は聞いてるつもりですが、他人から見れば「全く無関心な態度」らしいです(笑)

他人に興味が持てない人の典型的な特徴ですね。

 

私も他人の興味の無い話だと「へ~」とか「そうなんだ~」くらいしか言ってない気がします^^;

 職場でみんなが何か話していても、興味のない内容だったら全く会話に参加していません・・・

 意識的に会話を避けている訳ではなく、興味がないので自然と離れている感じです。

 

興味がないことにわざわざ気を使って楽しそうにするのって疲れるんですよね・・・

 

 

流行物に関心が薄い

他人に興味が持てない人は、「他人が興味を持っているモノ」に合わせるということがありません。

自分が心底好きなモノにしか反応しません。

 

私は音楽やファッション、注目されている飲食店などのみんなが好きな話題には興味が持てていません。

過去に流行の音楽に興味を持とうと色々聞いてみたことがあったんですが、全く興味が持てず、今も音楽はさっぱり分かりません。

 

みんなに合わせるために興味も湧かない流行モノを調べるのは苦痛です。

 

 

自己顕示欲が強い

これは、他人に興味のない人は特に強いのかなと思います。

なにしろ他人に興味がない代わりに、自分にものすごく興味があるんです。

 

自分にものすごく興味関心があるということには思い当たる節があります。

私は、自分の心理についてすぐ調べる癖があります。

自分に関することだと物凄く気になってしまうんです(笑)

 

 

また、イイことで注目を浴びたい!という心理はいつもあります。

自己顕示欲が自然と出てくるんですね。

 

 

単独行動が好き

他人に興味が持てないので、一緒に行動すると疲れてしまいます。

だから単独で行動したがる習性があるんです。

 

友達や同僚と一緒に行動するのが好きではないんです。 

以前、高校の同級生と飲みに行ったことがありました。

懐かしい話で盛り上がるのを期待したのですが、みんな自分の自慢話や苦労話ばかり。

かといって、完全に無視するわけにもいかず、すごく疲れました。

 

 

また、仕事終わりにちょっと飲みに行こうとか、休日に友人と遊ぶことは基本的に嫌です(笑)

行くなら1人で静かに飲みに行くとか、自分の趣味に時間を使いたいんです。

気と時間を使ってまで一緒に行動したくないんです。

 

 

会話は嫌いではない

会話すること自体は嫌いではないんです。

会話を楽しむこと自体に抵抗感はない性質があります。

 

興味のあることについてはグイグイ喋りますよね(笑)

それ以外の話はほとんど聞いていません^^;

 

そして、「会話が好き+他人に興味がない」が合体して、たまに不必要なことまで喋ってしまいます・・・

相手のことを何とも思っていないせいで、うっかり秘密を漏らしてしまったり、言わなくていいことまで勢いで喋ってしまったり。

 

きっと、私が楽しめれば何でもいいんでしょうね(笑)

 

 

交友関係が薄い

他人に興味を持てないと、だんだん相手側からも興味を持たれなくなります。

しかし、これはこれで私たちにとっては好都合なのかもしれませんね(笑)

 

小学校~大学までの友達で今も頻繁に連絡を取る人はゼロです(笑)

 

過去にできた友達(?)も結局はその場しのぎの関係だったのかもしれません。

環境が変わり、離れてしまうと連絡を取ることはほぼ無いです。

たまーに誘われても、単独行動が好きで真っ先に断る理由を考えるくらいです^^;

 

そういうこともあり、長続きする友人というものができません。

コチラが興味を持たないことから相手も興味を失っていくんです。

当然のことですね。

 

 

自分の計画が第一

 

「他人に興味が持てない➡自分に興味がある➡自分のことを中心に考えてしまう」

自分のことに興味があるので、ついつい自己中心的になってしまうんです。

 

急な用事で自分が計画していたことを邪魔されるとすごく不満です(笑)

何とかその用事を回避できないかと全力で考えるほど・・・

 

他人に計画を乱されるのは嫌ですが、私自身は結構思いつきで行動したりします(笑)

「これすごい面白そう!!!」と思ったら即行動です。

他の計画をズラしたり、断ったりしてまで実行します^^;

 

他人の都合より自分の思い通りに行くかどうかを重視しています。

めっちゃ自己中ですね(笑)

 

 

他人に興味がない=自分に興味がある これって悪いコト?

「他人に興味のないこと」はそんなに悪いことでしょうか?

「自分に興味があること」はイイことではないでしょうか。

 

 

他人に興味があることにもメリット・デメリットがあります。

他人に興味があれば、周囲の人と打ち解けやすく交友関係も広がるでしょう。

しかし、他人の目ばかり気にするので他人に左右された人生になります。

 

 

自分に興味があることにもメリット・デメリットがあります。

自分にばかり感心がないので、周囲の人とは打ち解けられないでしょう。

しかし、他人に左右されず、自分が真にしたいことをできます。

 

 

どちらが正解でどちらが間違いではないと思います。

それぞれ一長一短なのに、必ず正解があると考えることはナンセンスです。

人それぞれに違った考えがあるから、どんなことにも対応できるし、色々新しいものが産み出されるです。

考えが違うからといって仲間外れにすることには反対です。

 

 

ちなみに、あのタモリさんは「友達は必要ない!」とハッキリ言っています。

 https://www.a-inquiry.com/ijin3691/

(タモリ『友達なんかいなくてもいいんだよ』より)

 

タモリさんは複雑な人間関係をくぐってきた結果、「友達なんて必要ない」という境地に至ったそうです。

他人に信頼や期待を持ったところで必ず失望する。他人の目を気にせず自分のやりたいように人生を歩むべきだ、とおっしゃっています。

 

 

つまり、他人に興味がなくて、友人がいなくても何らおかしいことではないんです。

それはあなたの個性であり、他人と比較して優劣をつけるものじゃないんです。

  

 

 

 

他人に興味がない人が成功した事例

 『アラン・チューリング』という人物をご存知でしょうか?

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

(アラン・チューリングwikipedia)

 

イギリスの天才数学者で、現在私たちが使っている「コンピュータの父」とも言える人物です。

ナチスドイツが使っていた解読不能の暗号「エニグマ(1.58×10の20乗通り)」を突破し、第2次世界大戦の終結を2年以上早め、約1400万人を救った人物です。

 

 

しかし、彼は学生時代には友人もおらずひとりで勉強することを好んだそうです。

暗号解読チームとして働いている時も、周囲から「変人」と呼ばれていました。

周囲に対しても、持論を説明する際に相手を思いやらずストレートにダメ出し。

また、当時イギリスで違法だった同性愛者でもありました。

 

 

彼は他人に興味がなく、自分が好きなこと(数学など)だけにこだわるタイプです。

周囲からはコミュニケーションも取れない、自分のことばかりする「変人」扱いでしたが、そんな彼が世界を変えました。

私たちが毎日使っているコンピュータの基礎を作り、エニグマを解読して戦争を終わらせました。

 

 

「他人に興味がないことは悪いこと」という固定観念を覆してくれます。

周りがアレコレ言おうと、私は私でいいんだと感じます。

それは個性であり、正解も不正解もない。

 

 

アラン・チューリングの生涯を描いた映画『イミテーション・ゲーム』があります。

 チューリングは、この作品の中でこう言っていました。

『時に、誰も想像もしない人物が、誰も想像できない偉業を成し遂げる。』

 

 私はこのメッセージを「変わり者と言われたっていいじゃない。人と違うことがいつか素晴らしいことを引き起こす。」と捉えました。

 

 

他人に興味が持てないと言って悩んでいる方。

 

それは悪いことなんかじゃない、みんなに合わせる必要なんてないんです。

 

今のあなたのままで自信を持って進んでいってください。

 

私は、これからも自分自身のこのスタイルで生きていこうと思います。