【眠れない時の対処】寝れない時の対策

f:id:narudonkkp:20190320105511p:plain

「明日は大事なテストがあるのに眠れない・・・」

「かなり疲れているのにナゼか眠れない・・・」

 

 

 

こんな時ってたまにありますよね。

しかも、眠れない時って大事なときに限って起こる気がします^^;

 

 

私もセンター試験の前日の夜、なかなか寝付けず焦った思い出があります(笑)

普段は寝付きが良い方なのに、こんな時に限ってなぜなんだ!?と思います。

 

 

また、寝不足は体にとっても大変大きなリスクであるといわれています。

社会人で、仕事が忙しすぎて睡眠時間が短い人は寿命を縮めている恐れも!

www.gizmodo.jp

「睡眠時間が6時間以下の場合は徹夜と同じ」とコチラの記事でも紹介されていました。

6時間以下の睡眠だと、認知能力に大きなマイナスが発生するそうです。

ボーっとしたり、注意力散漫になり、大きな事故やミスが発生しやすくなります。

 

 

さらに、ストレスの増加・免疫機能の低下など体にとって何一ついいことは無いです。

だからこそ、眠ることはとても大切!

 

 

今回は、寝付けなくて悩んでいる方へ私がしている「眠れない時の対処法」を書いていきます。

 

 

 

 

【眠れない時の対処法】

寝ようとすると寝れず、起きようとすると寝ちゃう

眠れない時って無駄に焦りますよね(笑)

明日は大事な日なのに、こんな時に眠れないとマズイ・・・!!!

こんな心理状態になっていると思います。

 

 

しかし、焦れば焦るほど眠れません。

色々考えて脳が興奮状態になり、眠りを妨げています。

 

 

そこで、私がいつも使っている考え方をご紹介します。

それは、

『寝ようとすると寝れず、起きようとすると寝ちゃう』

という考え方です。

 

 

みなさんにも思い当たりませんか?

・高速道路を運転中、寝たら絶対ダメなのに眠くなる

・会議中に眠くなってくる

・見たい深夜番組まで起きようとしたが寝てしまった

 

 

寝ようとすると寝れないのに、寝たらダメと思うと眠くなる。

だから、眠れない時は〇〇時まで起きるぞ!と考えを逆にしてみてください。

起きようとすると意外と起きられません(笑)

つまらない会議や授業中みたいに段々と眠くなってきます。

 

 

発想を逆にして、脳の興奮状態を抑えてあげるとアッサリと寝付けますよ!

 

 

 

体の末端を冷ましてあげる

眠りに入るためには体温をある程度低下させないとダメだそうです。

赤ちゃんは眠くなると手足の先が暖かくなるというのを聞いたことがありませんか?

これは大人にも同じことが言えます。

 

 

www.bederabi.com

睡眠に入るためには、体温を下げなければいけないそうです。

そのために、手足に血流を回してそこから体温をどんどん逃がし冷ましているとのこと。

寝くなると手足が熱くなったという経験があると思います。

あの時に体内の熱を外に放出しているんですね!

 

 

寝る直前に体温を高い状態にしたり、気温が高すぎる部屋で寝ると寝付きが悪くなるので注意です。

 

 

私は寝る前に手足が熱くなると、「おっ、そろそろ体が眠る準備に入ったな」と思っています。

手足が熱い時は、布団から出して冷ますようにしてあげるとすぐに寝付けますよ!

 

 

 

寝る前のスマホは良くない

寝る前にスマホをしている方はすごく多いと思います。

スマホって寝る前の暇つぶしに最高なんですよね~(笑)

 

 

でも、寝る直前のスマホは寝付けなくなるんです!

www.healthcare.omron.co.jp

 簡単に説明すると、

スマホから出るブルーライト等の光を見る

明るさと波長から脳が「昼間」と勘違いする

脳が覚醒状態となる

つまり、「強制的に起きる方法」ってことになります(笑)

寝てはいけない時には逆に有効ということになります!

 

 

スマホによる不眠が続くと、悪循環になります。

スマホで不眠になる⇒不眠で体調不良⇒さらにスマホ⇒さらに体調不良・・・

 

 

私は眠る前にはスマホをあまりしないようにしています。

寝れないからといってスマホで暇つぶしをすると、さらに眠れなくなりますからね・・・

 

 

逆に、朝起きてめちゃくちゃ眠いときはスマホをしています!(笑)

段々と目が覚めてきますのでこちらはオススメ。

 

 

 

寝付くための呼吸法

以前、私が眠れない時にネットで検索して覚えた方法です。

 

 

どんな方法かといいますと、

①完全に息を吐ききる

②鼻から息を吸いながら4秒

③7秒間息をとめる

④ゆっくり口から8秒間息を吐く

眠れない夜に試したい「4-7-8」呼吸法 – RAYCOP

 

 

ものすごい効果があって驚きました(笑)

眠れずにどうしようかと悩んでいた時に、この方法を試したところ、2セットくらいしたら意識がなくなっていました。

 

 

呼吸を整えることで興奮状態からリラックスした状態に切り替えられるとのこと。

眠れない時って、眠れないことがストレスとなり一種の興奮状態になっていますもんね。

 

 

今でも眠れない時はこの呼吸法を何度かすることで自然と眠れるようにしています!

 

 

 

目を瞑って横になるだけでも休息効果アリ

それでも、どうしても眠れない!って時があります。

ほんと不思議で仕方ないですが、たまにあるんですよね・・・

でもそんな時は、無理に寝ようとしなくていいんです!

 

 

sleepdays.jp

こちらの記事で紹介されていました。

『横になり目を瞑って休むだけでも休息効果はある』

暗い部屋で目を瞑るだけで、目から脳に送られる情報がなくなり、脳が休めます。

横になることで体への負担を減らし、休息することができます。

 

 

寝よう寝ようと焦れば焦るほど、余計に眠れなくなりますので、流れに身を任せるようにゆっくりしたほうがいいんです。

私は、少しでも休めればいいやってくらいで、焦らずゆっくりするようにしています!

 

 

起きようとしていると、知らない間に眠ってしまっています(笑)

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

眠れない時は焦らないようにすることが大切ですね。

よろしければブックマークをお願いします。