仕事は頑張らない方がいい!その理由とメリットを解説

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190410224024p:plain 

ポイント

この記事では、仕事は頑張らない方がいい!ということを解説します。

・仕事を全力で頑張ることは本当に大切?

・仕事をいくら頑張ってもお金は増えない

・仕事を頑張ると仕事をくれる

 

 

私は仕事を頑張らない方がいいという考えの人間です(笑)

どうやって手を抜くか、どうやってサボるかを全力で考えて定時ダッシュをするタイプです。

私にとって仕事はお金を稼ぐためのものなので、仕事は頑張らない方がいいと考えています。

 

 

4月になり、人事異動や新入社員が入ってきたりと職場の環境が一新した時期です。

部署内の空気も変わり、仕事に前向きな考えが周囲で見受けられて厄介だなと内心思っています。

 

 

みなさんの中にも、仕事は頑張らない方いいという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、仕事を頑張らない方がいいことがどんなに素晴らしいか、そして仕事を頑張る人はどのような結末になったのかの実例を交えながら解説していきたいと思います。

 

【仕事は頑張らない方がいいのだ】

私の分析した最強の仕事スタイルですw

仕事を頑張らずにサボるとどうなる?

ポイント

仕事をさぼり続けていると・・・

・仕事を振られなくなる

・何もしなくても注意をされなくなる

 

仕事を頑張らずに、サボっているとどうなるのでしょうか?

 

ほとんどの人は「仕事を頑張らない」という考えに拒否反応を示すと思います。

しかし、実際に仕事を頑張らない人は思った以上に恵まれた環境にいるんです。

 

全く仕事をせず、毎日ブラブラしたりネットや新聞で時間を潰している人がいました。

また、本当に仕事ができず簡単な仕事だけしている人もいました。

 

その人たちは大きな仕事や面倒な仕事は一切ふられません。

そして、堂々とサボっているのに誰も何も注意しません。

 

こうなってしまえばもう無敵です(笑)

職場に来て遊ぶだけで給料がもらえるんですよ!

 

 

私の場合は、英語の勉強やブログをしています。

将来に役立つ勉強や副業までできちゃうんですよね!

副業しながら本業の給料も貰えるって神ですよ(笑)

 

 

頑張った人の末路を見ると仕事を頑張らない方がイイと思える

ポイント

仕事を必死に頑張り続けると・・・

・仕事がどんどん集中する

・少し休むだけで文句を言われる

・ボロボロになってしまう

 

ものすごく真面目で仕事がデキる上司が過去にいました。

誰からも尊敬され、その人に聞けば何でも知っているレベルのスーパーマンでした。

 

仕事がデキるため、難しい案件をどんどん任されていましたし、その人もどんどん解決していました。

しかし、周囲もその人を頼っていたため体調不良で休んだだけでみんなが不満を漏らしていました。

「あの人に休まれると分からないことが聞けないから困る」

 

その人もただの人間です。

その人は精神的にボロボロになって長期間の病休になり、その後回復することもなく退職してしまったことがあったんです。

 

 

仕事を頑張り続けたその先にあったのは、会社や周囲の人に使い回されてボロボロになって潰れてしまう結末だったんです。

 

 

仕事を頑張ってもお金はくれないので仕事は頑張らない方がイイ

ポイント

仕事を頑張った人への報酬は・・・

・頑張りに見合わない昇給

・頑張れば頑張るほど金銭的に損

 

仕事を頑張ったらその分だけお金という報酬が貰えるのが普通ですよね?」

でも日本の社会ではそんなことはほとんど有り得ません。

 

ものすごい仕事を頑張って、毎月の残業時間が100時間を超えるほど必死に仕事をすれば誰もが認めてくれます。しかし・・・、

昇給額は何もしない人と5000円ほどしか変わりません。

ボーナスもたった2~3万円多いだけです。

 

時給換算だとバイトの方が稼いでいることになるレベルです。

どれだけ頑張っても、会社は社員の努力を平気で搾取してきます。

世間で言われる「仕事を頑張らないとダメだ」ってホントなんでしょうか?

 

 

仕事を必死に頑張ったらお金をくれるなんてことはあり得ないんですよね。

 

 

仕事を頑張ると仕事をくれるので仕事は頑張らないほうがイイ

ポイント

仕事を必死に頑張ると・・・

・新たな仕事をドンドン任される

・仕事の頑張りの報酬は仕事

 

先程、仕事を頑張ってもお金は全然もらえないと解説しました。

しかし、お金に代わる報酬がいただけます!

それが『仕事』です。

 

仕事がデキる人には難しい仕事を任せたくなるなるのは当然です。

だから、仕事がデキる人は頑張れば頑張るほど『仕事』がもらえます!

まぁ、仕事が生きがいなら問題ないのでしょうが・・・

 

私からすれば酷いってものじゃないです。

労働の対価が労働ってもはや意味が分かりません(笑)

 

 

これでは仕事を頑張りたくもなくなりますよね。

 

 

仕事を頑張っても報われずに搾取されるので仕事は頑張らないほうがイイ

ポイント

仕事を必死に頑張っても・・・

・いい様に会社に労働力を搾取される

・過労で体を壊してもポイ捨てされる

 

会社は社員の努力に報いることはしません。

仕事の頑張りをお金ではなく、労働で返すという恩を仇で返すことをします。

 

会社は資本主義です。

社員は単なる駒であり、人件費を消費するものでしかないんです。

個人がどれだけ頑張っても経営陣や投資家からすればどうでもいいんです。

利益さえ出してくれて、給料を貰わない優秀な奴隷がほしいんです。

 

だから、過労で倒れても替えの利く駒が一つ無くなっただけで代わりを探すだけです。

いち個人の心情なんて気にしません。

過労で倒れてボロボロになっても、最後まで面倒なんて診てくれません。

 

 

会社はあなたの人生を最後まで面倒を診てくれません。

本当に最後まであなたの心配をしてくれる人は誰ですか?

 

 

まとめ・やっぱり仕事を頑張らない方がイイ!

ポイント

 仕事を頑張らないことはこんなにも重要!

・仕事を堂々とサボれる状況になってくる

・仕事中に勉強や副業をして更に稼げる

・仕事でカラダを壊さない

・仕事をたくさん振られない

・仕事をあまりしなくても給料が貰えてコスパ良し

・自分のしたいことに時間を割ける

 

仕事を頑張らないメリットはこんなにもあるんです(笑)

仕事を頑張らなければならないという考えに疑問が出てくるレベルです。

 

仕事を頑張ったところで会社に裏切られ続けるだけです。

適度に手を抜きまくって、自分のやりたいことに重点を置いて、のびのびとサボるほうが効率がいいです。

 

仕事をサボろうか悩んでいる方、仕事に面白さを見出せない方、ぜひ勇気を持って仕事を頑張らないようにしてみませんか?

慣れてしまえばあなたの人生は有意義ですよ(笑)

 

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.work