サラリーマンは仕事を頑張ってもお金持ちになれない

広告

広告

 

f:id:narudonkkp:20190516201438p:plain

ポイント

この記事では以下のことを書いています。

・サラリーマンでの給料では頑張っても金持ちになれない

・会社は社員を安く使うことしか考えていない

・サラリーマンがお金持ちになるには「投資」・「小さな副業」

 社会人のみなさん、お金持ちになりたいと思っていますよね?

お金があれば、美味しい物も食べれる、好きな所に旅行に行ける、欲しい物が買える...etc。

 

 

誰しももっとお金が欲しいと考えています。

サラリーマンをされている方なら、しっかり仕事を頑張って昇給昇進して、もっとお金を稼ぐぞ!と考えている方もいらっしゃると思います。

そしてこの考え方って一般的で至極当たり前の考え方だと思います。

 

 

しかし、私はハッキリと断言します。

『サラリーマンがいくら仕事を頑張っても一生金持ちになれない』

 

 

(お金持ちになるためにはお金の勉強も必須です!)

www.narudonkkp.work

 

 

今回は、「サラリーマンが仕事を頑張ってもお金持ちになれない」というテーマで書いていこうと思います。

 

 

【サラリーマンは仕事を頑張ってもお金持ちになれない】

サラリーマンは何故お金持ちになれないの?

ポイント

・サラリーマンは単なる労働力という駒

・サラリーマンの成果と給与は結び付いていない

・サラリーマン個人で活動するには限界がある

 

毎日毎日ひたすら仕事をし、精神的にも体力的にも限界まで頑張っている方も多いと思います。

しかし、働けども働けども生活は楽にならず、まさに「貧乏暇なし」状態ではありませんか?

 

 

それもそのはず。

サラリーマンはいくら仕事を頑張ってもお金持ちになることができないからです。

少し考えてみてください。

あなたがある会社の社長だったとして、会社の稼ぎを従業員に目一杯あげたいと思いますか?

答えはNOです。

 

 

サラリーマンは会社にとって単なる1つの駒です。

色々な言葉で大切にされていると錯覚しているだけなんです。

その証拠に、仕事の成果が給料にほとんど反映されていません。

社員を本当に大切にしているなら、仕事の成果分をキチンと給料に反映しますが、そうではないということで色々お察しだと思います。

 

 

そして、サラリーマンといういち個人の活動にも限界があります。

いち個人の活動だと、いくら超人でもこなせる仕事量や時間、物理的距離などから限界があります。

聖徳太子のように10人の話を聞けたとしても、10個の仕事を同時に仕上げることは不可能ですからね。

ですから、どんなにサラリーマンが必死に働いても稼げる金額は限定されます。

 

 

 

サラリーマンは雇い主に騙されている

ポイント

・経営者の言う言葉に騙されてはいけない

・サラリーマンは都合よく労働力と時間を搾取されている

・経営者ほど楽に仕事をして金儲けしたいと考えている事実

 

サラリーマンはいつも経営者の都合のいい言葉や考えに騙されています。

「お客様の笑顔のために働く」

「給料がなくても感動があれば生きていける」

「働くことであなたの夢が叶っている」

どこかで聞いたことがあるセリフですよね。(書いてて反吐がでます^^)

 

 

こんな糞みたいなセリフを社員に信じ込ませ、裏では経営者が人件費を削減できて大笑いしています。

そう考えただけで腹立たしいですよね。

いちばんお客のことを考えていないのは経営者じゃないかなと思います。

経営者は自分の権益と懐にしか興味ない人がほとんどでしょう。

 

 

会社のために働くことが正しいと勘違いしたサラリーマンは、経営者に労働力と時間をどんどん搾取されます。

それが『やりがい搾取』という言葉です。

(Wikiにも説明あり!https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%84%E6%90%BE%E5%8F%96

 

 

仕事をしたのに正当な給料や待遇をせず、適当な言葉で誤魔化す。

こんなの詐欺と変わりないでしょう(笑)

 

 

サラリーマンがお金持ちになるためには

ポイント

・サラリーマンである限り「低~中レベルの生活」が限界

・自分自身が働くだけでなくお金にも働かせる

・サラリーマンの給料を元手に小さなビジネスを平行させる

 

あなたがサラリーマン1本で稼ぐのなら、夢見るような豊かな暮らしは一生訪れません。

せいぜい低~中レベルの生活が限界です。

その理由は2つあります。

1つ目は、会社の給料には限界があること。

2つ目は、サラリーマンの税金の仕組みです。

 

 

会社の給料には限界がある

どんなに役職が上がっても給料体系は社則で決まっています。

また、会社に莫大な利益をもたらしたところで、手当や昇給は労力に見合わない少額・・・

会社から貰える給料には限界があり、決してお金持ちにはなれません。

 

 

サラリーマンの税金の仕組み

サラリーマンの税金と言えば、住民税と所得税が代表的で毎月給料から天引きされますよね。

簡単に言えば、まず給料から税金を引かれ、その残りをもらえます。

しかも、給料が増えれば増えるほど天引きされる金額もガンガン増えていく仕様・・・

これではいくら給料が増えようが税金を支払うだけでお金持ちになれません。

 

 

 

しかし、サラリーマンの状態からお金持ちになるには2つの方法があります。

1つは、お金にお金を稼がせること。

2つは、小さなビジネスから初めていくこと。 

(方法1)お金にお金を稼がせる

自分1人で稼げる範囲は限界があります。

しかし、お金という労働力は文句も言わず一生懸命戦ってくれます。

投資することはお金にお金を稼がせることですので、生活に影響のない貯金は投資に回すことで「労働」してくれます。

また、投資はアインシュタインも絶賛した「複利の力」があるのでドンドンお金が増える可能性を秘めています。

 

 

(方法2)小さなビジネスから初めていく

サラリーマンとして稼いだお金を元手にして、副業ビジネスを始める方法です。

メルカリやブログ等、方法は様々ありますが、私がオススメしたいことは「初めは小さく初めてみる」ということです。

いきなり大きく初めて成功する確率なんてほぼゼロです・・・

できる範囲から少しずつ成功を積み重ね、徐々にレベルアップしていくことが遠回りに見えて実は近道だと思います。

(イチロー選手も言っていましたが、結局色々な経験を着実に積み上げることが遠回りに見えて近道です。)

 

 

まとめ:サラリーマンとしての「正しい自覚」をもって行動すべし

ポイント

今日のまとめ!

・サラリーマンは給料の限界と税金でお金持ちになれない

・経営者側は給料を払いたがらないので期待できない

・サラリーマンが金儲けするには投資と副業がある

 

サラリーマンとして働いている限り、私たちは常に搾取される側の存在です・・・

どんなに頑張っても相応の対価も貰えず、どんどんコキ使われて終わっていくだけです。

 

 

しかも最近は、あのTOYOTAですら終身雇用は無理と発言し、サラリーマンを見捨てる態度を表明しました。

会社が信用できない事態になった今、我が身を守るには何らかの努力と工夫が必要だと感じます。

 

 

今からでも投資や副業を初めて、将来の自分のために対策を立てることが重要じゃないかと思います。

あと10年すれば、今までの働き方への考えは大きく変わっているでしょうね。

 

 関連記事はコチラ!⇩

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.workwww.narudonkkp.work