【社内ニートはつらい?】社内ニートになるための過ごし方

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190410224024p:plain

社内ニートって本当はつらいのでは?

実は社内ニートって本当の勝ち組じゃね?

社内ニートになってコスパ良く給料をもらいたい

 

この記事のポイント!

 

・社内ニートになるための具体的な方法

 

・社内ニートが注意すべきポイントを解説 

 

 

 

社内ニートってひと昔前は「窓際族」と呼ばれていました。

出社しても仕事をせず、ダラダラ過ごして給料を貰っていく忌み嫌われた存在。

でも、よく考えれば社内ニートって最も賢い存在です。

仕事や責任を負わないので気楽、だけど給料はしっかりゲットするコスパの鬼!w

 

 

しかし、単に仕事をしないだけでは思い描くような社内ニートになることは難しい…

誰にも邪魔されにくく、自由な社内ニートになるためには「作戦」が重要です!

 

 

そこで今回は、仕事をしないのに他の人に邪魔されず、自由に過ごせる理想的な社内ニートになる過ごし方をご紹介します!

 

 

【理想的な社内ニートになるための方法】

社内ニートができる環境とは?

社内ニートができる環境には一定の条件があるんです。

 

社内ニートできる環境

1.会社の規模が大きい

3.個人の成果が人事評価に結び付きにくい

2.上司に人事権がない(人事課や役員に権限あり)

 

基本的にこの3つの条件をクリアしていれば社内ニートできます。

逆に、営業マンなどの「仕事の成果=人事評価」となっている所では社内ニートが難しい環境といえます。

 

 

こういう環境の会社ならば、社内ニートになる基礎は整っています。

そういった会社では、周囲に必ず社内ニートがいるはずです。

社内ニートでも辞めさせられない会社なんです。

 

 

 

まずは社内ニートができる環境かどうか見極めましょう。

 

 

社内ニートになる過ごし方①:仕事できない感を作る

 仕事を振られると社内ニートできなくなるので「あの人に仕事を任せたくない」と思われるようになる必要があります。

 

 

ですので、上司や先輩から振られた仕事を完璧にこなしてはダメです。

仕事を頑張っている人には安心して任せられるので、ドンドン任せてきます。

一生懸命仕事を頑張ると、もっとキツイ仕事をプレゼントされますよ^^

 

仕事への姿勢

1.時間をかける

2.ミスを連発させる

3.報連相はしない

 

この3つを守っていれば「コイツに仕事を任せられない」と分かってくれます。

当分は面倒な仕事が回ってくることが激減しますよ!

 

 

社内ニートになる過ごし方②:周囲との人間関係を築く

社内ニートにとってのは「職場の人間」です。

職場の人間に敵」と思われると社内ニート生活が危うくなります・・・

 

 

社内ニートの対人関係の基本は『味方or中立を作ること』です。

目立つことなくひっそりと社内ニート生活をすることが大切。

敵を作ると何かと面倒なので、できるだけ中立の立場を作るのが好ましいです。

 

社内ニート用の職場の対人関係

1.敵を作らない

2.味方か中立の関係を作る

3.気遣いをして人間性を発揮する

 

味方や中立の立場の人間は基本的には攻撃してくる可能性は低いです。

 

また、普段から親切にしたりプライベートな話をする人は社内ニートが毎日サボっていても、良心の呵責で見て見ぬふりをします。

「あの人、人としてはイイんだけど仕事はねぇ・・・」

こう思われるポジションがベストです!

 

 

社内ニートの環境を作っていくためにも、職場内に敵を作らないようにすることが重要なんです。

 

 

社内ニートになる過ごし方③:他人の評価を気にしない

社内ニートをしていると、他人からの評価が気になることがあります

仕事をしていないことに罪悪感を感じたり、悪口を言われているんじゃないだろうか・・・と気にしちゃうんですよね。

 

 

でも、他人からの評価ってどうしようもないんです

みんな価値観が違うし、他人が心の中でどう思っているかは分からないんです。

こちらがどうしようもない上に、本当のことが分からないんですから気にしても仕方ないんです

 

 

他人から評価を気にしない

1.他人が本当はどう思っているかは推測でしかない

2.他人がどう思おうとコチラには関係なし

3.アドラー心理学の「嫌われる勇気」は読むべき

 

 

 

この考え方は、アドラー心理学について書かれている『嫌われる勇気』に詳しく解説されています。

社内ニートを目指すためにはこの考えは必須です!

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

社内ニートになる過ごし方④:自分にしかできない仕事を持つ

 社内ニートの究極系とも言える技です。

 もし「自分にしかできない仕事」を手に入れたら社内ニートは安泰です(笑)

 

 

ただし、その仕事内容にも条件があります。

 

社内ニートが独占すべき仕事の条件

1.その仕事の必要頻度は低い

2.頻度は低いが必ず必要な仕事

3.ミスしても上司にも責任が発生する

 

この3つの条件が整った仕事を見つけるのは難しいです・・・

しかし、よく観察しているとこういった仕事はあります。

決算時期や年度末といった特殊なタイミングで発生しています。

 

 

年に1・2度しかしない仕事って忘れがちで、マニュアルすら無いことも。

そんな時、その仕事ができる数少ない人材だったらどうでしょうか?

 

 

さらに、その仕事は他の人に共有せず完全にブラックボックス化しましょう。

あなたしかできない仕事がある=中々切り捨てにくい

この状況を作り出すことが社内ニートで安定して生きていく方法です。

 

 

まとめ:社内ニートという特権を手に入れろ!

ネットを見ていると「社内ニートはつらい」や「社内ニートから脱出しよう」という仕事を頑張る方向の意見を見ます。

しかし、私達社内ニートにとってそんな意見は必要ないのです。

どうやって社内ニートになって楽をするか?

これだけを求めているのです(笑)

 

 

無事に社内ニートという特権を手に入れたなら、その時間を有意義に使えます。

ブログやWebライティングで副業するも良し、英語や資格の勉強をしてスキルを習得するのも良し、隠れてネットで暇つぶしするも良しです(笑)

 

 

社内ニートでできた時間を有効活用する方法をまとめています。

是非参考にしてくださいねw

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.work

 

Display mode : PCSP