退職届のタイミングは超重要【退職時の注意点まとめ】

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190612205050p:plain

退職届を初めて出す方
どうやって退職届を出せばいい?
退職届を出す時に注意すべきことって?
 
 
今回は、退職届を出す場合に「注意すべき3つのポイント」を解説します。
 
 
この記事のポイント!

 

退職届を出すタイミングとは?

 

退職届は出すべき相手と対応策

 

退職届を出した後の対応も大切

 

 

私が退職届を出した経験で特に注意すべき3点をまとめます。

書き方や法律的なことは他のサイトでも見ることができますので割愛しますw

 

 

ブラック企業からの退職では、退職届を出す際に注意が必要となります。

相手からの嫌がらせをある程度想定しておく必要があるんです。

ブラック企業は常識の範囲外からの攻撃をしてくるので注意して損はしません^^;

 

 

私がJAを退職した際に注意した、退職届の「タイミング」・「出す相手と対策」・「出した後の対応」の3つを解説していきます!

 

 

【退職届の出し方~タイミング・出す相手・出した後の対応~】

退職届の出し方:タイミング

f:id:narudonkkp:20190612205045p:plain

退職届を出すタイミングで注意すべきポイントは、

 

①退職日の2週間前まで、もしくは社則で決められた日まで

 

②ボーナス振込後に退職届を出す

 

 

 

出すタイミングとしてはこの2点に注意してください。

①はみなさんご存知だと思いますし、守らなければ法的にまずいです。

 

 

私が最も注意したのは、「②ボーナス振込後に退職届を出す」でした。

理由は簡単です。

ブラック企業では、退職届提出によって査定を最低にしてボーナスを大幅カットorゼロにする可能性があるから。

 

 

せっかくですから、もらえる給料は全てもらっておきませんか?(笑)

意味不明な理由でボーナスカットなんてされたらたまりませんよね。

 

 

ボーナスが支給されまでは静かにしておき、ボーナスが振り込まれたら退職届を提出しましょう!

給与は本人の口座に振り込まれた時点でその人のお金になります。

正当な理由がないので返す必要がないからです。

 

 

退職届の出し方:出すべき相手と対策

f:id:narudonkkp:20190612205040p:plain

退職届の出す相手は「直属の上司」です。

退職届を持って、直属の上司に退職する意思を示すことはご存知だと思います。

 

 

しかし問題は、退職届を出した後にその上司が握り潰そうとすることです。

上司も退職されると不都合な場合が多く、何とかして退職を阻止しようとします

社員が減るので業務が回らないだけでなく、部下を管理できなかったことでマイナス評価がつくからです。

 

 

そのため、退職届を提出したのに無かったことにされないための対策が必要となります。

具体的には、

①退職届は複数枚用意する

 

②退職届提出のやりとりをボイスレコーダーで録音

 

③周囲の社員に退職届を出したことを言っておく

 

 

 

①退職届は複数枚用意しよう

ブラック企業の上司なら、平気で破り捨てることもあります(笑)

そのたびに退職届を書くと馬鹿らしくなりますので、原本をコピーして署名と印鑑だけは自分で書きましょう

目の前で破り捨てられても、同じものを何回も出せば相手も諦めます。

 

 

②退職届提出のやりとりをボイスレコーダーで録音

ブラック企業の上司なら、「退職届なんて知らない、そんな話も聞いていない!」と言いかねません。

言った言わないの水掛け論にならないためにも、退職の話をする時にはボイスレコーダーで録音しておきましょう。

今ならスマホの録音機能もありますから手軽にできます。

しっかりと証拠を残して、相手にスキを与えないようにしましょう。

 

 

③周囲に退職届を出したことを言っておきましょう

上司に退職届を出した後、同僚などに「退職届を出した」と言っておくこともひとつの手段です。

これは外堀から埋める方法です。

退職のウワサが広がるスピードは速いです(笑)

私もそうでしたが、3日もあれば全員知っているレベル・・・

全員が知っている段階までくると、上司もシラを切りにくくなります

ここで上司がシラを切れば評価はガタ落ちですからね。

 

 

退職届の出し方:出した後の対応

f:id:narudonkkp:20190612205034p:plain

 退職届を出した後にすべき対応は2種類あります。

 

①同僚や後任への仕事内容の引継ぎ

 

②上司からの退職理由の聞き取りへの対応

  

①の同僚や後任者への仕事の引継ぎはできる範囲でOK

お世話になった人がいるならばしっかりと引継ぎをしてあげましょう。

でも、会社や職場の人に恨みがあるならテキトーでOKですw

あとは残った人たちで頑張ってね~!くらいの軽い気持ちで。

 

中には退職することに嫌味を言ったり、嫌がらせしてくる人もいます。

しかし、暗い気持ちにならないでください。

ブラック企業に縛り付けられた人と、退職して自由になるあなた。

どっちが強いか解りますよね?^^

 

あなたは無敵の人です。

好きなだけ言い返してもいいんですよー(笑)

 

 

②上司等からの退職理由の聞き取りへの対応

 必ずと言っていいほど、退職届を出すと上司やさらに上の人に退職理由を聞き取りされます

ほとんどの場合、個室で面談となります。

 

 

そこで注意してほしいことが2つあります。

・退職を無理やり引き留めようとする

 

・転職先に不利益な情報を流そうとする

 

 

ブラック企業なら、非常識で斜め上の行動をとってくる可能性があります。

暴言・恫喝から始まり、人格否定能力否定など・・・

 

ブラック企業はいつも人手不足なので、無理矢理引き留めてきます

「やっぱり退職しないです」と言わせたいからです。

 

 

また、次の転職先はどこなのか?としつこく聞いてくる場合もあります。

狙いは、転職先に不利益な情報を伝えて転職を妨害することなのですが、イイ大人が子供みたいなことをするんですよね・・・

こちらに利益は一切ないので、転職先ははぐらかしましょう

まだ決まってないとキッパリ言い切ってもOK。

 

 

こういう状況に備えて、ボイスレコーダーで録音しておくのが効果的!

密室での会話は言った言わないの水掛け論になるので、確固たる証拠があれば最強です。

 

 

大切なことなので2度言いますが、退職届を出したあなたは「無敵の人」です。

会社への不満や上司への不満をドストレートに言ってもOKなんです。

上司や役員と言えど、ただのオッサン。

辞める時くらいは素直に文句を言ってすっきりしましょw

 

 

まとめ:退職届を提出する時は気をつけよう! 

 

退職届を出す時はただ単に提出するだけではいけません。

注意すべきことを改めてまとめます。

 

退職届を出す時に注意すべきこと

 

・退職届はボーナス支給後に提出

 

・退職届を受理させるために録音などで準備

 

・提出後の引留めや転職先の聞取りは回避せよ

 

退職する意思を固めてあるならば、何も恐れることはありません。

堂々としてればいいし、不満をぶつけても大丈夫です。

縛られるものが無くなったサラリーマンは無敵ですw

 

 

今回ご紹介した注意点を意識しつつ、退職に向けて行動を進めていってくださいね。

 

Display mode : PCSP