【王様ランキング感想】短所があるからこそ得られるものがある!

広告

広告

今、ネットを中心に話題になっている「王様ランキング」という漫画をご存知ですか?

絵本のような絵からは想像もできないようなストーリーと人間の心情について丁寧に描写されていて、大ヒットしている理由もうなずけるマンガです。

なにより、主人公ボッジの純粋で頑張り屋なところに心打たれるんですよね(笑)

 

 

ネットでの試し読みをして、その内容の面白さと人間の心について考えさせられるものがたくさんあったのですぐに単行本を購入。

 

 

主人公ボッジは、王子でありながら生まれつきある理由から非力で耳も聞こえず喋ることもできません・・・

それに比べて、弟王子は文武両道で将来有望。

そんな逆境にも関わらず、ボッジは落ち込んだり泣いたりしながらもひたむきに努力します。

 

 

ちなみに、「王様ランキング」はネット漫画として掲載され、人気が爆発したため単行本になったそうです!

作者の十日草輔さんは、40代で脱サラして王様ランキングを執筆し、みごとにヒットを生み出した方です。

様々な苦労を経てきたからこその内容なんだろうなと思います。

王様ランキング 1-4巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)
 

 

 

ボッジの頑張りを見ていると、オトナになって失くしてしまった大切な物を教えてくれるような気がして、ついつい読み入ってしまいます。

心に響くエピソードはたくさんありましたが、その中で私の心にすごく響いた言葉があったので紹介したいと思います!

 

 

そのシーンは、非力すぎてとても王様になれないボッジ王子が強くなるためにデスパーという師匠に訓練されてボッジなりの戦い方をゲットし、お別れする場面です。

 

 

そこで師匠のデスパーはボッジ王子にこう言います。

 

『あなたが気にしていることは、もしかしたらあなたの長所かもしれない。』

 

『そしてあなたはその欠けたもので普通の人にはない色んな経験をしている。それは苦しいけれど、きっと自分の道を切り開く力になるでしょう。』

 

『できれば自分のすべてを愛しなさい。』

 

師匠デスパーのこの励ましにボッジ王子は号泣します・・・(泣)

 今まで、非力で耳が聞こえず喋ることもできないボッジは周囲の人からずっと疎まれてきました。

馬鹿にされ、陰口を言われ、誰も近寄って来ず、挙句の果てには王位継承権は弟に奪われてしまいました。

 こんな苦労を受け続けてきたボッジにとって、デスパーのこの言葉は胸に響くものがあったんだと思います。

 

 

このデスパーの言葉は私の胸にも響きました。

私もたくさんの短所を持っています。

人と接するのが苦手・新しい環境が苦手・他人に興味がないetc・・・

 

 

短所があるからこそ、苦労することってありますよね。

新しい環境に入ったもののコミュ障で友達ができず困ることなんていっぱいありました。

みんな友達がたくさんいるのに、私には友達がいないことなど。

でも、デスパーの言葉を見て救われた気持ちになりました。

「欠けているものがあるからこそ経験する苦労があり、それは自分の力になる。」

 

 

短所だらけでも自分を卑下することはないよ。

短所だと思っていることは長所になるかもしれないよ。

だから自分の長所も短所も含めて大切にしていきなさい。

 

 

王様ランキングは絵こそ上手くないですが、内容は大人にも刺さるものです。

作者の十日さんの人生経験や教訓がしっかり反映されていて、心に訴えかけてきます。

まだ読まれたことのない方は是非この感動を味わってもらいたいです。

ネット配信と単行本のどちらでも読めますので、一度読んでみてください。

  

Display mode : PCSP