全サラリーマンは佐野SAのストライキを見習うべき

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190815215341p:plain

ポイント

今回は、佐野SAで起こっている閉店騒動と従業員のストライキについてサラリーマン目線で解説したいと思います。

・経営陣へストライキした従業員の勇気ある行動

黙っているとリーマンは会社に都合よく使われ捨てられる

・会社のためじゃなく自分のために行動する考え方

 

 今、ニュースで話題になっている『佐野サービスエリアの閉店』。

お盆でSAの利用が多くなる時期にサービスエリアが閉店状態になるという異例の事態。

この騒動を簡単に説明するとこのようになります。

 

佐野SAストライキ

運営会社ケイセイフーズが資金繰り難で納品業者が納品を次々に停止

ケイセイフーズ社長は即金で納品を依頼するも「業者ごときが調子にのるな」発言

一時はSAが通常営業に戻る

社長が部長を解雇・支配人を更迭するなど無茶苦茶な対応

社員と納品業者がそろってストライキ発動

社員・納品業者一同「解雇された部長の復職と経営陣の対応を求める」

佐野SAは利用不可状態に

佐野SAの一部営業再開するも、ストライキした現社員ではなく新規の社員を使ってしまう悪手

 

 

今の日本で従業員がストライキをするということは稀ですから、ここまでに事態になるということは相当なブラックっぷり。

この会社の行動や対応にも腹立たしいですが、一致団結して経営陣に対してストライキを起こした従業員がすごいなと思いました!

 

 

佐野SAのストライキから分かるようにサラリーマンは会社の言いなりになっていては搾取され、どんどんすり減っていくだけです。

サラリーマンは「働いてやっているんだ!」くらいの気概でいいと思います。

仕事を頑張らないと権利を主張してはいけないってのがそもそもオカシイんです。

 

 

【サラリーマンは佐野SAストライキを見習うべき】

サラリーマンはもっと会社に文句を言うべき

佐野SAの従業員のストライキは素晴らしいと思いませんか?

経営者がメチャクチャな対応を従業員にしてきたからみんなで一致団結してキチンと意見を表明したんです。

 

 

しかし、ストライキなどをすると必ずこういった輩が現れます。

意識高い系「お客さんのことを考えろ」

老害「キツイ仕事でも耐えるのがサラリーマンだろ」

社畜「たいして仕事もしてないのに権利を主張とは何事だ」

 

 

え!? それマジで言ってる???

どこの会社でもこういった人がいます。

敵に助け舟を出すがごとく理解しがたい行動。

自らの首を絞めているのに、正義面して優越感に浸ろうとするどうしようもない人。

 

 

逆にサラリーマンは今まで我慢をしすぎていたんです。過剰に。

そんな理不尽に対しても黙って我慢し続けてきた結果が、昨今のブラック企業です。

会社の利益のために人の命や都合を平気で踏みにじれる状況にまでなってしまいました。

 

 

「従業員と経営者は対等」

「働かせていただいているのではなく、働いてやっている」

これくらいの認識を持たないと私たちサラリーマンの奴隷根性が変わることはないでしょう。

嫌なことは嫌だとちゃんと伝えることで初めて相手も理解してくれます。

察してくれるだろうと甘えてたら経営者に好き勝手されます。

 

 

今回の佐野SAの従業員はちゃんと自己主張しました。

その結果、マスコミに報道されて、部長の不当な解雇は撤回・経営陣も従業員の要求に対応せざるを得なくなりました。

従業員側の意見が100%実現できるか不明ですが、少なくとも勝利は掴めそうです。

 

 

私たちサラリーマンはもっと会社に自己主張しなければいけませんね。

 

 

 

文句言わずに働いてたら都合よく使い捨てされるよ?

経営者サイドは常に「どうやって従業員を安く使って利益を出すか」ということを一生懸命考えています(笑)

コストカッター(笑)という異名を持つ経営者の方々が好んで行っていたことは、給料カットと人員整理という誰でもできることを推し進めただけでした。

 

 

経営難は経営者サイドの責任だろ!と思いつつも、従業員側は黙ってその処分を受け続けてきた過去があります。

ですので、経営者サイドは常識を外れた対応を平気で従業員に要求してきます。

昔のように、サラリーマンは理不尽に耐えることも仕事だ!なんて言っていたらコキ使われて捨てられます。

 

 

時代は昔と変わったんです。

今は従業員はガンガン自己主張して経営者サイドから自己防衛をしなければなりません。

雇っていただいているなんて考えは自分を苦しくするだけです。

文句を言って実現できればラッキー!くらいの考えでOKです(笑)

 

 

そもそも、経営責任を従業員に転嫁するような役員に義理を通す必要はどこにあるんでしょうか?

 

 

権利なんて入社した時から無条件で使っていい

 「仕事もロクに覚えてないのに休んじゃうの???」

こんな嫌味を言ってくる先輩って必ずいますよね(笑)

 

 

しかし、そもそも「有給休暇」って労働者の権利です。

それをなぜか労働者同士で邪魔のし合いしている状況なんです。

経営者からすれば笑いが止まりませんでしょうね~!

わざわざ手を下さなくても勝手に労働者達が争ってる^^;

やっぱ意識高い系は自惚れだけの害悪です。

 

 

労働者がなんで経営者や会社の経営のことを考えないといけないんですかね?

それは経営者の仕事であって、こちらには関係のないことです。

何のために高い給料もらってるんですかね?

仕事しないで口だけ出すならあなた要らないですよ?^^

 

 

サラリーマンは自分の利益だけ考えて行動すれば十分です。

だから入社した時点でみんな等しく権利を使っていいんです。

 (1日休んだだけで影響出ることなんてあり得ないんですから。)

 

 

会社のためではなく自分のために行動せよ!

 今回の佐野SAのストライキの効果を見るに、労働者と経営者はやはり異なる存在で必ずしも味方とは言えないことが良く分かります。

サラリーマンは経営者の道具くらいにしか思われていないのでしょうね。

 

 

サラリーマンは、会社のためではなく、自分自身のために行動すべきなんだなと思わされます。

会社の顔色ばかり伺って仕事をしても報われる可能性が少なくなってきた感じがします。

 

 

また、いつまでも会社が安泰ともかぎりません。

会社がいつ経営不振になるかわかりません。

いつ人員削減の波に飲まれるかわかりません。

そんな不測の事態はどこの会社でも起こりうる時代です。

 

 

だからこそ、サラリーマンは自分がこの先もお金を稼ぎ続けられるように対策を考えないといけません。

スキルを身に付ける、副業をする等、会社だけに頼らずとも生きていけることが重要です。

会社で頑張っても給料なんてほとんど上がりませんからね(笑)

 

 

www.narudonkkp.work

www.narudonkkp.work