【初心者向け】副業WEBライターの始め方

広告

広告

f:id:narudonkkp:20190914222514p:plain

ポイント

副業でWEBライターを始めてみたい!

WEBライターでお小遣いを稼ぎたい!

そういった方々の疑問にお答えしていきます。

・なぜWEBライターが副業でオススメなのか?

・副業WEBライターはどれくらい稼げる?

・WEBライターを始める方法を具体的に説明

 

たぶん副業やWEBライターを始めたいって思われた方はこういった疑問が浮かぶかと思います。

私もつい最近まではWEBライターという選択肢自体が考えになかったほどです。

 

しかし先日、専業WEBライターのゆーけー氏にWEBライティングについてお話をお伺いする機会がありました。

そこでWEBライターの魅力と可能性を知ることになったんです!

インタビュー記事はコチラ

www.narudonkkp.work  

そして私も実際にWEBライターを始めてみました。

実際に経験してみて、思ってた以上に稼げると感じたんです!

しかもスキマ時間を活用して稼げるため効率も良し。

これはブログで記事にもできるなぁと思いニヤニヤしました(笑)

 

 

副業でWEBライターをして稼ぎたい!とお考えの方にどうやって始めるか、どんな仕事内容なのか、どれくらい稼げるを解説していきたいと思います。

WEBライターで副業して稼ぐ手順を説明します!

 

 

【副業WEBライターの始め方】

WEBライターを始めたいけど何するの?

WEBライターって言葉はよく聞くけど、具体的に何してる人なの?

 WEBライターとは、ネットで何か文章を書く仕事を受注して文章作成をし、それを納品して報酬をゲットする仕事をする人のことです。

「素人が文章を書いただけでお金なんて貰えるわけがない」

普通はそう思いますよね。

私も以前はそう思っていましたが、実際にWEBライティングをして報酬をもらってみてからは考えが一新しました。

 

 

世の中にはプロの作る文章じゃなくてもいいので欲しがっている人がたくさんいるのです

プロの書く文章はたしかに素晴らしいですが、金額が高いのが難点。

しかし、素人やアマチュアの書く文章はレベルは高くないですがお安く書いてもらえます。

その文章を依頼人がブログなどに使うことで、広告収入やアフィリエイトで儲けるという仕組みです。

 

 

ですので、依頼される仕事はブログ記事作成・販促文章作成・SNS投稿用文章作成などで多様なジャンルの文章が求められるのです。

 

 

美容系や健康食品、英会話教室体験談というものから風俗体験レポまで幅広いので何かしらのチャンスがあるんです!

 

 

なぜ副業にWEBライターがオススメなのか

他にも副業の種類はあるけど、なぜWEBライターがオススメなの?

 

サラリーマンをされている方にとって、副業はしたくても中々難しいものです。

ダブルワークをするにしても時間的に限られているし、体力的にもツライところがあり、現実的ではないです。

それに、本業に支障がでないようにし、かつそこそこお金を稼げる仕事でなければ成り立ちません・・・

 

 

その点、WEBライターは本業でサラリーマンをされている方にとって相性の良い副業だと言えます。

もちろんブログを書かれている方は更に相性がいい副業です!

 

ポイント

①文章作成はスキマ時間でできる

②時間的・場所的な制約がほとんどない

③スマホでもPCでもできるので体力的にも楽

④そこそこ稼げる

 

この4つのメリットがあるんです。

通勤電車内や仕事の休憩時間などのスキマ時間でスマホを使って文章を作成していけばお金になるんです。

スマホゲーをするよりWEBライターをやってお金稼いだ方が生産的ですよ

 

仕事中にwordでWEBライティングしたら最高に効率いいですよ(笑)

 

 

WEBライター初心者は稼げるのか? 

良さそうな言葉ばかり並べてるけど、ぶっちゃけ稼げるの???

 

WEBライターは稼げるか?にはハッキリ「YES」と答えられます。

最初は私も疑心暗鬼でしたが、専業WEBライターのゆーけー氏の体験談や実際に自分でもWEBライターを始めてみて確信に変わりました。

 

 

WEBライターを始めて2週間。

私の状況はこんな感じで、あまりWEBライターに時間を割けない状況。

本業 フルタイム
趣味 英語学習・ブログ
平日夜の過ごし方 家事・英語学習・ブログ
休日の過ごし方 家事・英語学習・ブログ・旦那とデート

 

こんな状況のため、1日でWEBライティングできる時間は1時間ほど

そして、2週間で獲得した報酬は『約¥10,000』でした!

 

 

スキマ時間だけでこれだけ稼げるなら十分です(笑)

また、最初なので実績作りのために報酬が低い仕事もこなしましたし、早いペースで依頼をこなすこともできていません。

それでも2週間で1万円稼げたので予想以上でした。

 

ちなみに専業WEBライターのゆーけー氏は月40万円の稼ぎ・・・ 羨ましい・・・

 

 

完全初心者でもWEBライターで副業できる!

完全初心者は本当にWEBライターやっていける?

 

答えはYESと言えます。

私の場合はブログを7ヶ月ほどやっていたので文章を書くことにはある程度の慣れは ありました。

でも、ゆーけー氏は完全初心者からWEBライターをスタートして半年ほどで月40万円まで急成長しています。

 

つまり、完全初心者でも努力次第でいくらでも稼げる余地はあるということ。

ただし、文章力を向上させたり、依頼案件についてしっかり調べたり、時には直接体験してみると言った行動力も必要にはなるようです。

 

月5万円以下くらいの収入を目指すならば、そこまで厳しい努力は必要ないとのこと。

それよりもWEBライターを継続していけば徐々に能力が成長しますので、継続力こそが大切です。(by ゆーけー氏)

 

大切なのは「とにかくやってみよう!」という決断だけ!

 

 

初心者副業WEBライターの始め方

ここからはWEBライターを始めるにあたっての具体的な手順をご説明します。

全然むずかしくないですよ!

 

①WEBライターのお仕事を探す方法

・クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

・ランサーズ

https://www.lancers.jp/

 

この2つのサイトさえあれば十分です。

WEBライティングのお仕事がたくさん集まっていて、自分に合った仕事を探しやすくなっているのが最大のポイント。

 

 

ちなみにこの2つのサイトの特徴としては、 

ポイント

①有名なので仕事が大量に集まっている

②報酬の受け渡しシステムがしっかりしているので安心

③自分の能力や実績をPRしやすいので評価されやすくなる

(※ただし、報酬受取時に20%の手数料が差し引かれる)

 

クラウドワークス・ランサーズともにたくさんの仕事が出されています。

仕事の依頼数ではクラウドワークスが圧倒的に多いですね(笑)

また、ランサーズはサイトのデザインが解りやすく操作しやすいのもメリット。

 

 

また、プロフィール欄をしっかり作り込めるようになっています。

そのため、自分の過去の実績や資格・能力を詳細に説明できるので仕事発注者にPRできます。

デザイナーの方なら自分の作品を掲載することで実績をPRしたりしています。

やはり、実績を作っていくことでより仕事を依頼されやすくなってきます。

 

 

まずは、「クラウドワークス」・「ランサーズ」に登録してどんな仕事があるかみてみましょう!

 

 

②どんな仕事をするか決める

 サイトに登録したら実際にどんな仕事があるか見てみましょう。

 

f:id:narudonkkp:20190914222523j:plain

 

ライティングのお仕事だけでも3,233件もあります。

この中から依頼内容や報酬を見比べて仕事に応募していくのです。

 

 

募集人数以上の応募者がいると、依頼主さんが選ぶことになります。

依頼主さんが応募者のどこを見ているかというと、過去の仕事実績はもちろんですが、プロフィールをしっかり見てくれています。

依頼する側としては信頼できそうな相手を選ぶのは当然ですよね(笑)

ですので、先程も説明した通りプロフィールをしっかり作りこむ必要があるんです!

 

③依頼内容に合わせて文章作成

 各仕事には条件が明記されています。

 

ポイント

・何を目的とした文章か

・文章の構成

・文字数

・納品期限

 

f:id:narudonkkp:20190914222528j:plain

これらをしっかり見て、分からない点があれば依頼主さんにメッセージを送るなどしてお互いの考えの食い違いを無くすようにします。

しっかりとお互いコミュニケーションを取れば、信頼感も発生して一石二鳥です!

 

 

そして、相手が望む納品期限よりさらに早く仕上げて納品することがベスト!

早くて確かな納品を心がけることで自分への評価が高まり、次の仕事にも良い影響がでます。

 

 

副業WEBライターで稼ぐ時のポイント

①初心者でも文字単価1円以上の依頼を狙おう

仕事を探してみると、報酬にも色々な種類があります。

 

 

初心者でも『プロジェクト(固定報酬制)』かつ『1文字1円以上』の仕事を狙っていくことをオススメします。

たしかに最初は実績作りとして単価が安い仕事をこなしてもいいと思いますが、下積み時代が長引くとモチベーションが本気で持ちません・・・

下積みばかりでWEBライターを辞めてしまっては元も子もありません。

 

 

ですので、1文字1円以上のお仕事をガンガン狙って応募してみましょう!

採用されて無事に納品完了後に報酬が振り込まれたときの感動はすごいですよ(笑)

 

 

②得意でない分野の依頼でも調べて書けばOK

自分が知っていたり得意な分野だけで仕事に応募するとなるとかなり厳しいです。

美容系や金融系が得意なら仕事が大量にあるため問題ないですが、ほとんどの人は自分の得意分野の記事が都合よくあるわけではないんです・・・

 

 

ですので、多少知っているけど自信がないという内容のお仕事でもネットで調べて書けばいいんです(笑)

「その程度の薄い内容で許されるわけないじゃんw」と思われるかもしれません。

しかし、調べて1つの記事にするということは『散らばっている有益な情報をまとめて見やすく加工する』という立派な作業なんです。 

 

 

自分のあまり知らない分野のお仕事でも遠慮せず堂々と応募していきましょう!

 

 

③文章の書き方を学ぼう

 普段から文章を書かれていないならば文章の書き方の基本を押さえましょう。

やはりただ単に書いた文章とコツを抑えた文章では読み手への伝わり方が大きく異なります。

例えば新聞記事。

限られた文字数で、とある事件を誰がどんな風に起こしどうなったのかという起承転結を完璧にしているため1度読むだけで内容がスッと入ってきます。

 

 

こういった能力を学ぶために、まずサラっとで良いので文章の書き方の本を読むことをオススメします。

私もコチラの本を読んで勉強しました(できているとは言っていないw)

とりあえずこの1冊「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読んでから実践しつつレベルアップしていけばOKです。

非常に分かりやすく、基礎を学べます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) [ 古賀 史健 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2019/9/14時点)

楽天で購入

 

 

 

 

④プロフールを作り込もう

 仕事を応募すると、仕事の依頼主さんは応募者のプロフィールを見て誰に任せるか判断します。

初対面同士がほとんどですから、相手のステータスを知るためにはプロフィールを見るしかないのです。

 

ポイント

・どんな仕事ができるのか

・何の分野が得意なのか

・今まで何をしてきたのか

・どんな姿勢で仕事をするのか

・どんな結果を出してきたのか

 

これらから任せられるかを判断されます。

逆にプロフィールがいい加減だと、何も分からないので選んでくれることはまずあり得ません。

正体不明の人より、自己PRしてくれている人の方が信頼できます。

 

 

そしてプロフィールの作り方については『上級者をマネろ!』です。

クラウドワークスでもランサーズでもランキングというものがあります。

そこの中から、たくさんの仕事をこなして評価が高い方のプロフィールを拝借しましょう(笑)

上級者のプロフィールを自分用にカスタマイズすればOKです。

かなり強力な自己PRになりますよ!

 

Display mode : PCSP