サラリーマンの市場価値とステータス診断

広告

広告

f:id:narudonkkp:20191119225230p:plain

サラリーマンをしてるけど自分の能力に自信がない

サラリーマンとしての自分の市場価値を知りたい人

心理テストのように自己分析するのが好きな人

 

 

今回は、サラリーマンとして働いているが自分の市場価値ってどれくらいなんだろう??と気になっている方にお応えする記事です。

 

 

皆さん心理テストはお好きですか?

自分を分析してどんな能力や特徴があるのかを試したことがあると思います。

そんな感じで、サラリーマンとしてのステータスを見れたら面白いですよね。

 

自分の長所って意外と自分では気が付かないもの。

一度ステータスを分析してみて、隠された自分の能力を見つけてください。

 

 

この記事のポイント!

 

・サラリーマンの自分の市場価値を計れる

 

・自分で気付かなかった能力を発見できる 

 

・自分の市場価値を計るツールをご紹介

 

 

 

【サラリーマンの市場価値とステータスを計る方法】

サラリーマンの市場価値・ステータスを計る「ミイダス」

f:id:narudonkkp:20191118233124j:plain

ミイダス

サラリーマンとしての自分の市場価値・ステータスって目に見えないものです。

大企業で働いているけど、自分にはどんな特殊能力あるんだろう?」とか思ったことはないですか?

ゲームのように自分のステータスや適性を見れたら面白いですよね。

 

 

自分の市場価値とステータスの分析ツールとして優秀なのは「MIIDAS(ミイダス) 」というサイトです。

MIIDAS(ミイダス) は、大手転職サイト「doda(デューダ)」が運営する転職サービスサイトです。

 

 MIIDAS(ミイダス) とは? 

転職アプリのミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にマッチしたオファーを受け取ることができます。

※ミイダスHPより引用

 

 

MIIDAS(ミイダス) のサービスの一環で、あなたの市場価値と特殊能力ステータスを計るサービス があるのでこれを利用します(笑)

 

MIIDAS(ミイダス) では無料で使える3つのサービスがあり、

 

 

市場価値診断 ➡ 自分の適性年収を分析

 


コンピテンシー診断 ➡ あなたの行動特性を分析

 


パーソナリティ診断 ➡ 生まれ持った心の特性を分析

 

 

それでは実際に使う時の流れをご説明します。

 

 

ミイダスで市場価値とステータスを計るまでの手順

MIIDAS(ミイダス) で市場価値・ステータス診断をするのにかかる時間は20分ほどです。

 

 

①市場価値診断(5分)➡ ②ミイダス適正チェック(15分)

 

 

それではMIIDAS(ミイダス) で能力を測るために進めていきましょう。

コチラからスタートできます⇩

 

 

現在の状況を入力する

f:id:narudonkkp:20191118233120j:plain

 

現在の自分の職種や経験を入力していきます。

自分の市場価値を正確に計測するために、ウソ偽りなく入力していって下さい(笑)

 

 

ちなみに、転職サイトなので個人情報の管理もしっかりしています

そのため、現在所属の会社を入力してもその情報を隠すことができるので安心してください。

 

 

サラリーマンの市場価値を算出

私の市場価値診断の結果はコチラです。

f:id:narudonkkp:20191118233128j:plain

 

868万円はちょっとオーバーな気がします(笑)が、これが私の適性年収だそう。

この市場価値は「自分と類似したユーザーに届いたオファーの平均年収」からきています。

 

 

今の自分の市場価値ってだいたいこれくらいなんだ」と参考になる数字です。

ほとんどのサラリーマンは会社に安く買い叩かれているのが実情です。

そういった制約がなければ、サラリーマンの適正な市場価値って本当はそこそこ高いのです。

 

 

ミイダスで分かるサラリーマンのステータス

次に、MIIDAS(ミイダス) で測れる「あなたのサラリーマンステータス」を見ていきましょう。

コンピテンシー診断を受ければこのようなことが分析できます。

 

・適性がある職種を分析

・マネジメント能力を分析

・ストレス耐性と活躍できる環境

・部下としての能力と上司との相性診断

・仕事で必要とされる能力で何を持っている?

 

f:id:narudonkkp:20191118233116j:plain

 

 

コンピテンシー診断の問題はこんな感じです。

全ての問題に答えるのに約15分ほどです。

ありのまま、自分の直観で選択しをえらんでいきましょう。

f:id:narudonkkp:20191118233143j:plain

 

 

サラリーマンのステータス診断結果

問題の入力、おつかれさまでした。

あなたのサラリーマンとしてのステータスが詳細に分析された結果が表示されます。

自分では気が付かなかった能力があったり、意外な弱点が判明したり。

 

 

この診断結果で表されるステータスは大きく分けて5つ。

診断ステータス

 

・マネジメント資質

➡人や仕事をマネジメントする資質がどの程度あるかの指標です。

 

・パーソナリティの特徴

➡チームワーク、問題解決能力、想像力など9つの側面からあなたのパーソナリティの指標を表したもの。仕事をしていく上でのあなたの特性が分かります。

 

・職務適正

➡17種類の職種への適性を予測してくれます。さらに17職種を細分化した147職種での適性も見ることができます。

 

・上下関係適正

➡上司としてのタイプ・部下としてのタイプが分かります。また、自分に合った上司or部下のタイプもわかります。

 

・ストレス要因

➡ストレスを感じやすい活動や条件、環境を知ることができます。

 

 

私の場合のステータスはこんな感じでした。

現在事務職をしている身としては適性があったようで何よりです(笑) 

f:id:narudonkkp:20191118233132j:plain

マネジメント資質は可もなく不可もなく・・・

パーソナリティの特徴は良く言えば和を以て貴しとなす、悪く言えば事なかれ主義でしたねー(笑)

 

 

f:id:narudonkkp:20191118233136j:plain

職務適正では、事務職がダントツで適性があるようで何よりです(笑)

前職での営業は最低ランクで、やはり私には合っていなかったようです。

 

 

f:id:narudonkkp:20191118233140j:plain

上下関係適正では、話し合い型の上司のタイプとのこと。

たしかに民主的に決めようとしちゃいますねw

部下としてのタイプはザ・サラリーマンの素直従順型。

真面目にするフリだけしてサボってるので少し違うかも^^;

  

 

全ての診断結果をまとめたものをPDF形式でダウンロードすることもできます

この1枚を見ればあなたのステータスが一目でわかるようになっています。

f:id:narudonkkp:20191118233111p:plain

 

 

まとめ:サラリーマンの市場価値とステータスを知ることは大切 

サラリーマンとして働いていると、会社という絶対的な評価者のせいで自分の正しい価値が見えなくなります

また自分の長所・短所というステータスも、何となく分かっていてもハッキリと説明できる人は少ないと思います。

 

 

心理テストのように、自分の能力や適性を知りたいと思う方は気軽に診断してみてはいかがでしょうか?

ミイダスで診断することで新たな能力に気付くことができ、新しく何かを始めるキッカケになるかもしれません。

 

 

是非自分のステータスを解析して活用してみてください!

自分のステータスを診断してみる⇩

 

 

 

Display mode : PCSP