「会社のために働く」と人生詰むから「自分のために働け」

広告

広告

f:id:narudonkkp:20191219211536j:plain

 

サラリーマンとして働いてるけどヤル気ない

会社のために働け!に違和感を感じている方

サラリーマン生活に言いようのない不安を感じてる方

 この記事はこんな方向けです!

 

 

最近、働き方改革・新型コロナウィルスによる勤務形態の変化によって今までのサラリーマンの働き方への意識が変わりつつあります。

IT企業を中心に大きく働き方が変わってきていますが、日本では未だに昭和の考え方で停止している会社や社員がうようよ生息しています。

 

 

時代が変わり、昭和時代の考え方が合わなくなってきています。

終身雇用の破綻・昇給がどんどん少なくなるなど、会社が社員の面倒を見なくなっています。

それなのに未だに「会社のために働くことが素晴らしい!」と化石のような考えの社員がいます。

 

 

そこでこの記事では、「会社のために働くことで人生が詰むから、自分のために働け!」ということを徹底的に解説していきます!

 

  

「会社のために働くこと=美徳」は時代遅れ

f:id:narudonkkp:20191219211554j:plain

 

ひと昔前までは滅私奉公、つまりプライベートを犠牲にしてまでも仕事に熱心に取り組み、休日は上司や取引先とのゴルフに付き合う社員こそが理想像でした。

 

 

しかし令和の時代になり、私のようなゆとり世代やさらに下の悟り世代が入社してきています。

昭和では常識だった「会社のために働くこと=美徳」という価値観がどんどん崩れてきている状況ですよね。

 

 

昭和の景気のいい頃までは、終身雇用は確実で定年まで安泰・昇給は必ずある・福利厚生は超充実・老後の年金もたんまりもらえることが約束されていました。

でも今はどうでしょう?

  

終身雇用はもうできないと公言

福利厚生は年々ショボくなり続ける

希望退職・左遷という実質のリストラ

給料・ボーナスは増えないor減らされる

年金なんて貰えるかどうかもわからない状況

  

こんな状況で「会社のために働く」って正しいことでしょうか?

会社はすでに社員のことを『使い捨ての駒』としか思っていません。

それでも会社のために人生を捧げて働きますか?

 

 

会社のために働くことがどれだけバカなことか解説

f:id:narudonkkp:20200304202512j:plain

 

それでは『会社のために働くこと』がどれだけバカなことか具体的に解説していきます。

なんとなーく分かっている方も改めてチェックしていただき、絶対にダメな行動だと再認識していただければと思います(笑)

 

・昭和のモーレツ社員のその後・・・

昭和やバブル期には「モーレツ社員」という言葉が流行るほど当たり前のように存在していました。

彼らの特徴は、

 

残業上等!

休日出勤上等!

サービス残業も上等!

何時に終わっても飲み会!

仕事のためなら自分も家族も犠牲に!

  

仕事のため・会社のために生きているような存在ですね。

モーレツ社員はサラリーマンの鏡と言われていました。

そりゃ上司や経営者からすれば大変都合のいい優秀な社員ですからね。

 

 

しかしモーレツ社員のその後ってご存知ですか?

自分も家族も犠牲にして華々しいサラリーマン生活を送っていた方が定年退職後どんな人生を送ったか。

 

 

熟年離婚が最近増加しつつあるってご存知ですか?

子供が成人し手がかからなくなり、亭主が定年して家にいるようになるタイミングで離婚する人が多いそう。

そりゃそうです、家庭や家族を顧みず自分のしたいことだけしていたんですから。

仕事を優先しすぎたため、家族に見捨てられるという哀れな末路です。

 

 

・役に立たない社内スキルだけ育つ

余程の特殊な仕事をしない限り、普通のサラリーマンの仕事内容ってその社内でのみ通用するものばかりです。

社内決済のルール・人間関係・事務の細かいルール

こんなことはその会社の外に出ればクソの役にも立たないスキルです。

 

 

社内では重宝されている人でも、市場価値のあるスキルや経験を持っている訳ではないのです。

技術系や研究系、営業系やデザイン系といった他所でも使えるスキルでない限り使えないサラリーマンなだけです。

 

 

・経営が悪くなるとクビ→路頭に迷う

昔と違い、今の会社は業績悪化すると平気でリストラしてきます。

リストラまで行かずとも給料を下げたり福利厚生を下げたりとやりたい放題。

 

 

どれだけ会社のために働きまくっても会社の業績次第では簡単に捨てられてしまいます。

こちらがどれだけ尽くしたとしても、会社は社員であるあなたのことなんか意識すらしていないのが事実です。

 

 

恋愛で言うところの「片想い」の状態です。

勝手に片想いしてるくせに両想いだと勘違いしている痛い社員の多いこと多いこと・・・

どれだけ会社のために働いてもあなたは株主や経営陣より優先されることはないです。

やめておいた方がいいですね。

 

 

仕事の本当の目的は「お金を稼ぐ手段」を忘れないで!

f:id:narudonkkp:20200329224211j:plain

 

仕事ってそもそも何のためにしていますか?

生きていくためのお金を稼ぐ』これが真の目的じゃなかったでしょうか?

 

 

生きていくためにお金を稼ぐ、これさえできれば問題ないはずです。

しかし、変なプライドや余計な見栄のせいで「会社のために働く俺ってカッケェ!」とか「自己犠牲してまで働く俺はお前らよりエラいんだぞ!」と錯覚し始めます。

 

 

そんなものどうでもいいんじゃないでしょうか?

生きていくためのお金さえ稼げれば会社のことなんてどうでもいいはず。

会社の経営は経営陣に任せて、与えられた仕事を淡々とこなせば十分です。

 

 

仕事を休むと会社が回らなくなるとか、職場の人に迷惑をかけるとか何故悩むんです?

会社が回らなくなるのは上司が悪いから。

職場の人に迷惑が~って文句を言う人の人格がおかしいだけ。

大切なことは『生きるためのお金さえ稼げればOK』これだけです。

 

 

会社のためではなく『自分のために働く』をしないと死ぬよ?

f:id:narudonkkp:20200628111656j:plain

 

さて、これまで「なぜ会社のために働くことがダメなのか」を説明しました。

『自分のために働く』をしていかないと将来詰む可能性が高いです。

ただでさえ、日本の景気は右肩下がり&AIによる仕事の奪い合いで優秀かつ専門的なスキルを持つ人が優遇されつつあるからです。

 

 

助けてもくれないような会社のためにあなたの貴重な時間を使うんじゃなく、自分のために時間と労力を割いた方がいいです。

しかも、会社という組織・サラリーマンという地位を利用してね。

 

 

サラリーマンならば毎月給料が貰えますよね?

金額は別として、とりあえず生活はできるはず。

会社に勤めていれば仕事で色んな経験ができますよね?

中には他所でも通用する仕事をする部署もあったりします。

 

 

リーマンとしてお金を稼げているうちに新しいスキルを身に付けるとか、新たな副業をスタートさせるなりすべきです。

「もし今の会社をクビになったら・・・?」という視点で考えて準備しておかねば、万が一の時に路頭に迷うことに。

 

 

会社で特殊なスキルが学べそうな部署があるなら異動願いするも良し。

会社以外ならば、語学・プログラミング・ブログ・YouTube・デザイン・農業などなど何でもいいんです。

今の会社で給料を貰えている間に、他のスキル(強み)を身に付けて生き延びる術をゲットするという『自分のために働く』考えにシフトしましょう。

 

 

自分のために働いて行動した結果はあなたを裏切りません。

必ずあなたの将来を助けてくれる確かな財産として残ります。

 

 

まとめ:いつクビになってもイイように自分のためだけに働こう

f:id:narudonkkp:20200329224203j:plain

 

会社のために働いても報われない時代がすでに来ています。

今までの価値観に捉われず、自分が生きて行くためにはどうすればいいのか?を考えて行動しないと大変なことになりますよ。

 

 

スーパーカブで有名なHONDAの創業者・本田宗一郎氏も「会社のために働くな」と言っています。

本田宗一郎氏はもともとは技術者。

だからこそ会社のために働くことではなく、自分のために働くことが最適解だと分かっていたんでしょうね。

 

 

今の自分にはどれだけ市場価値があるのか?

現実を知った上で行動しても遅くはありませんので、一度あなたの市場価値を測ってみることをオススメします。

こちらの記事で市場価値を診断できます。

www.narudonkkp.work

 

 

また、他の会社でも使えるスキルやサラリーマン以外の収入を得たい!って方にはこちらの記事もおすすめです。

クビはある日突然やってきます。

それまでに少しでも稼げる力をつけておくことが最善策ではないでしょうか?

www.narudonkkp.work

 

www.narudonkkp.work

 

www.narudonkkp.work

 

Display mode : PCSP