やらないで後悔するよりやって後悔の方が圧倒的に有利【体験談】

広告

広告

f:id:narudonkkp:20200328153611j:plain

この記事はこんな方向け!

 

・チャレンジすることが苦手

 

・逃げ癖をどうにかしたい人

 

・どうすれば人生をうまく過ごせる?

 

  

『やらないで後悔するよりやって後悔しろ』

ネットでも自己啓発でもよく聞くフレーズですよね。

頭では理解できても、実際にその二択を迫られるとやらない選択をしちゃうことってよくあると思います。

 

 

この記事では、やらないで後悔してきた私の過去の体験談を基に「やらないで後悔することの悲惨さ、やって後悔することの清々しさ」を書いていきます。

もしあなたが「やらないで後悔の方が得でしょ」とお考えなら是非読んでみてください。

 

 

 

同じ後悔をするなら『やってから後悔しろ』?

f:id:narudonkkp:20191229231411j:plain

 

やらないで後悔

やってから後悔

この対比はよく聞くと思います。

同じ後悔でもこの2つは全くの別物。

 

 

ある問題に直面して「やる」か「やらないか」の二択を迫られた時、あなたはどうしていますか?

確かに「やらない」を選択すれば失敗のリスクはゼロなので確実に安心です。

でも「やる」を選ぶとリスクがあります。

めちゃくちゃ失敗してダメージを受けるかもしれません。

 

 

世間ではみんな口を揃えて「やってから後悔しろ」といいますが、失敗した時は「自己責任だろ」「ほら見たことか」と嘲笑ってきます。

突き放し、高みの見物を決め込みます。

 

 

でも本当に「やらないで後悔」の方が最善なんでしょうか?

私が今までに体験してきたエピソードを見ながらどちらがベストか考えてみてください。

 

 

「やらないで後悔」を選んでた高校時代まで

f:id:narudonkkp:20200501153651j:plain

 

私は高校時代までずっと「やらないで後悔」を選んで生きてきました。

ビビリで変化を嫌い、いつも安心できて変わりのないことを望んでいたから。

そして挑戦している人のことを内心バカにしていました。

 

 

もちろん恋人なんてできたこともありませんでした。

気になる人はいましたが遠くから眺めて、いつか声をかけてくれるんじゃないかと受け身でいたのです。

 

 

しかしそんな都合の良いこともなく、周囲の人はどんどん恋人を作って楽しんでいました。

「受験勉強があるのに恋愛なんかするヤツはバカ」

そう思うことで小さなプライドを守っていたんです。

 

 

そうしているうちに気になってた人に恋人ができたことを知りました。

絶望でした。 

目の前で好きな人が別の人とイチャイチャしてることに耐えられますか?

頭は真っ白、何も手につかないし吐き気までしました。

めちゃくちゃ泣きました。

 

 

私は受験勉強を言い訳にして、好きな人にアプローチすらせず奇跡が起きることを待っていただけでした。

その時「もしあの時アプローチしてたら…」とか「カッコつけずに勇気を出して話しかけてたら…」と、もしあの時○○していたら…と考えると死ぬほど悔しかったのです。

 

 

それ以降、私の中で考え方が大きく変わりました。

リスクがあってもチャレンジすることをバカにしていた私がバカだったのです。

チャレンジしなければ欲しいモノは手に入らないし、望むような環境を手に入れることもできない。

何もやらないで後悔すると「あの時もっとやっておけば・・・」というもうどうしようもない苦しみにずっと悩まされるんです。

 

 

なぜ「やらないで後悔」を選びがちなのか?

f:id:narudonkkp:20200316224726j:plain

 

 

こちらの知恵袋の質問を見てください。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

この知恵袋の質問では「やらずに後悔する方がいい。なぜなら、やって後悔だとお金と時間がムダになる。何もやらない方が失うものが無いからいいのではないか?」という意見です。

 

 

私もそうでしたが「やる」か「やらないか」の比較をこんな感じで考えているんです。

やって後悔➡お金・時間・精神などが犠牲になりマイナス

やらないで後悔➡何もしないから失うものもゼロ

 

 

たしかに何もやらなければ何も失わないので損失ゼロです。

これが「やらないで後悔」を選びがちな最大の理由。

人間は本能的に損失の方が大きく見えてしまう性質があります(プロスペクト理論:https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/prospect-theory/

そのため、損失のない「やらないこと」を選びがちなんです。

 

 

しかしこの考え方は見落としがあります。

やったことによる『経験の蓄積』です。

チャレンジすると成功しようが失敗しようがたくさんの『経験』を得られます

経験の価値はとんでもなく大きい。いくら本やネットで理論を知っても経験には敵いません。

この経験こそが最も大きな利益で、以降にもずっと活かせるバフ効果があります。

 

 

他人の失敗を笑う人は取り返しがつかなくなる

f:id:narudonkkp:20191123000238j:plain

 

5ちゃんねるやSNSを見ているとチャレンジして失敗する人を徹底的に叩き、つるし上げ、笑いものにしている人がいっぱいいます。

他人の失敗を笑うことは絶対にやってはいけないことです。

嘲笑っている時は気持ちいいのかもしれませんが、知らず知らずのうちに『チャレンジすることが怖くなる』のです。

 

 

他人の失敗を笑ってばかりいる人はチャレンジすることが恐ろしくてできなくなっていきます。

チャレンジして失敗したら自分も同じように周囲に笑われて屈辱的だから。

だから知ったような顔をして失敗する人を攻撃し続けるしかできない。

 

 

でも『チャレンジしないと何も変わらないし、あとになって後悔することになる』これは確実です。

この記事を読んでくださってるあなたがチャレンジすることに臆病になってるなら忘れないでほしいのです。

 

 

時間は戻りません。

あの時もっとやっておけば…とどれだけ後悔しても二度と挑戦できないのです。

挑戦して失敗しても周りに笑わせておけばいい。

挑戦すれば結果はどうであれ経験という財産が手に入りますが、何もしなければチャンスを失い続けるだけで何も得られない。

 

 

他人の目線より自分の利益を考えて行動しないと、あとになって必ず後悔します。

あなたが少しでもやってみようかなと迷うなら、どうか思い切って飛び込んでください。

つらいこともあるでしょうが、必ずあなただけの財産ができます。

 

 

高校時代にチャレンジしなかったため失恋した経験から、大学生になってどんどんチャレンジしました。

気になる人と仲良くなるため、ダイエットして身だしなみも整え、連絡先を聞いて2人でデートしたり。

それでもたくさん失敗しました。

それでも失恋するたびに色んな経験ができて自分がレベルアップしてるのがハッキリ分かりました。

確かに好きな人とは付き合えませんでしたが、確実に『経験』という財産を手に入れていったのです。

 

 

今となっては当時の失恋もいい思い出。

つらかったし結果は失敗だったけど、一生懸命頑張ったので清々しさまであります。

全力でやってみると結果はどうであれ、引きずることもなく次のステップに進めることができたんです。

 

 

まとめ:「やってから後悔」は経験値が入るから絶対お得

f:id:narudonkkp:20200531175128j:plain

 

さて、私の経験を基にした「やらないで後悔するな、やって後悔すべし」は皆さんの心に響くことができたのでしょうか。

 

 

やるかやらないかの二択を迫られると、どうしても楽な選択肢「やらない」を選びたくなる気持ちはよく分かります。

しかし、その選択ができるのはその時しかないのです

どちらかを選べば後戻りはできません、どんなに後悔しても時間は戻らない

 

 

もしあなたが同じような選択肢を迫られたら、必ずチャレンジしてみてほしいのです

高校時代までの私のように傷付くことを恐れたり周囲の目線を気にして何も行動しなければ、目の前で絶望感を味わうことになります。

 

 

やらないで後悔すると「たられば」ばかり考えてしまい一生後悔します。

それなら一生懸命やってみて爽やかな諦めをして次に進んでみませんか?

自分にはそんな能力もないから止めておくのがベストと思っているなら間違いです。

やる・やらない、これを選ぶだけでいいんです。』 

  

 

Display mode : PCSP